LoA: 記録12.Smell Good

 hmm… Smell Good

 ということでね。

 UOと言えば焼肉。焼肉ゲーと言えばUOなんですよね。

 UOはグラフィックが決して綺麗ではないゲームだったのに、なぜか料理が美味そうなゲームだった。そんなUOの料理の中でも、もっともシンプルなものが、狩った動物の肉をキャンプファイヤーであぶるだけの、通称焼肉だった。焼肉にお世話になった諸兄も多いはずだ。

 で、LoAでもきっとそれができるだろう・・・と思ったのに、なんとできなかったのだ。

 落ちている枝をつかってキャンプファイヤーを作ることまではできる。なのにそこで肉は焼けない。なんということだ。そんなことがあっていいのか?

 と、非常に残念に思っていたんだけど、ついに謎が解けたのだ。このゲームは今風の「施設で生産」システムなので、料理もそれに則っていた。携帯生産施設としての「料理鍋」を使わなければいけなかったのだ。

 深鍋で焼肉というのは、直火であぶっていたあの頃に比べると、なんだか野趣がたりない感じがするけど、これが20年の人類の進歩ということなのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。