MW5M: 難民保護活動

 【これまでの傭兵部隊】
 
 自機: Centurion CN9-A
 所有メック: 軽量級6、中量級2
 メック戦士: 5

 【あらすじ】

 Spearsからの報告によれば、Black Infernoの活動記録と、Inner Sphare内の難民発生地域とに、奇妙な同期が見られるらしい。まだこれが偶然なのか、なにを意図しているのかはわからないが、Black Infernoを探るうえで、このことがなんらかのヒントになるかもしれない。

 そんな折、ちょうど、話題の難民問題にかかわる依頼をこなすことにもなった。

 Black Infernoの攻撃を受けたMarik領内の住民が、難民となってLiao領内に逃げ込んだ。襲撃が止んでのち、住民たちはMarik領への帰還を求めたが、Liao家は政情不安を理由にそれを了承しない。業を煮やしたMarik家は、難民を監督している地方官を暗殺する、という過激なメッセージをLiao家に送るよう、我々に依頼したのだった。

 このゲームに要らないと思う要素は、ずばり「ミッションの重量制限」だ。

 各ミッションごとに、投入してもよいメックの総重量が設定されている。こういったものは、前作まではなかったと思うんだけど、正直ほとんどの場合において邪魔でしかない設定だ。

 部隊を強化していくというこのゲームの醍醐味を、完全に無意味にしている。

 傭兵部隊シリーズのいいところのひとつは、自分の部隊を思うさま強化することで、ミッションの難易度を下げていける、というところにある。最短距離で進むと難しいミッションも、少し傭兵稼業を続けて、舞台の戦力を挙げていけば、ごく簡単なミッションに成り下がる。回り道に意味がある。

 こういうRPGのレベル上げのような解決策を採れるという部分に、傭兵部隊シリーズはゲームとしてのバリエーションがあると思うのだ。

 なのに重量制限は、そんな大いなる美点をスポイルしてしまっている。

 何十時間傭兵部隊を鍛え続け、評判値をあげても、160トンミッションには、160トン分のメックしか動員できないのだ。1ランス400トン出せる傭兵部隊を運営しているのに、理不尽にもわざわざ手加減して160トンで挑まなければならない。なぜなのか。

 鍛えに鍛え上げた部隊で、敵勢力を粉砕するという快感が、そこにはない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。