日記: 1月22日(2020年)

 更新頻度が落ちてきた。

 この1年ほど更新頻度がめっきり落ちている(かなぁ)のは、職場環境の変化のせいで(仕事の合間に)日記が書きにくくなったせいなんだけど、このままではイカンな。ってことで、しばらくの間は更新強化期間ということにして、無理やりにでもなにか書いていくことにしようと思う。

 今日の話題はアマゾンプライムビデオについて。

 およそ1年前に、不手際によって入会してしまったアマゾンプライム。入会した時には、無料期間の1か月で退会すると決めていたのに、入会したままの状態で、あれよあれよという間に1年が経過し、今に至っている。

 入会を続けることになった最大の要因は、プライムビデオだ。

 これ以外のプライム特典は、正直ほぼなにも活用していない。通販が早く届くとか、日時指定できるとかには、あまり価値を感じていない。お急ぎ便に関して言えば、「急いでほしいものがある」というシチュエーション自体がこの1年なかったし、日時指定はプライムでなくても、配送会社の再配達依頼で事実上無料で行えるから無価値だ。

 でもビデオは思ったより楽しめてしまって、次第に価値を感じるようになった。

 私は元々映像コンテンツに親しまないほうだったので、オンデマンド配信サービスに魅力を感じていなかったんだけど、最初の無料期間の1か月の間に「せっかくだから観なければ」と頑張ってしまったのがまずかった。

 そこで「食事時ちょうどに観ることできる」という生活習慣を身に着けてしまったり、「観始めた連ドラが無料期間内に観きれない」という事態に陥ったために、会員期間を「もう1か月だけ、もう1か月だけ」と延長続けた結果、まんまとプライムビデオにハマってしまった。

 もはやアマゾンプライムビデオの存在はあって当たり前の生活必需品感覚になっていて、お金を出すことへの抵抗がすっかり無い。500円が高いとは全然思えないのだ。

 ってことで、いまだもってプライム民です。そうそう、Twitchと連携するといいことがあるらしいけど、そもそもTwitchのアカウントがないので、そういうことはいまだにしていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。