TD2: ハビエル・カジカ撃破

 2人目のマンハントは、ハビエル・カジカだ。

 米国特殊部隊出身のローグ・エージェント。いろんな出自のいるディビジョンエージェントの中では、それらしさのある兵士としての経歴の持ち主。ただ創作物においては主人公以外の特殊部隊出身者は血に飢えた変質者の役回りを負わされることが多く、彼もその例に漏れない感じだった。たぶん。

 出現ミッションは、パスウェイ・パーク。

 ここ、なんだったんだろうな。パークっていう名前の割には公園っぽくはなくて、どちらかというと建物の雰囲気。そして主戦場はその地下のトンネル。クリーナーズが掘り進めていたようだけど、よくわからない場所だった。水を溜めたり流したり。何度か通えば会話も飲み込めるんだろうけど、初プレイだとどうしても攻略のほうに脳みそを割いてしまって、背景の理解ができないな。

 そんな地下トンネルの深くで相対したのがカジカ君。

 基本的にはスナイパーなんだけど、広範囲にビリビリの罠を仕掛けてくるのが厄介。少しやられるといったん退場して、次のウェーブとともに回復して襲ってくる、ということを数度繰り返すのも面倒だった。

 ただ、めんどくさいだけで強くはなかったかな。丁寧に増援を倒し、丁寧に罠をよけていれば、そのうち倒せる。ラッシュできないのがかったるいだけの敵だった。ずーっと遠くから罠と弓とを撃ってたカジカ君が、最後の最後に接近してきて、マチェットで殴ってきたのは笑ったけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。