TD2: ヴィヴィアン・コンリー撃破

 マンハント最後の1人は、紅一点のヴィヴィアン・コンリー。

 4人のローグ・エージェントの中では、1番魅力的な相手だった。

 いや女子だからとかそういうことじゃなくて、背景的にね。

 有能な元ディビジョンエージェントが、ジョー・フェロの思想に共感してクリーナーズ入り、というのが面白い。キーナーの介入なくローグ化してるっぽいのがいい。その後クリーナーズ内部でも認められ、今では亡きフェロの遺志を継ぎ、クリーナーズを率いるまでになったヴィヴィアン嬢。キーナーとは組織の利益上の付き合いでしかない。

 いかにもDivisionって感じの設定だ。

 しかしフェロといいヴィヴィアンといい、そしてD.C.におけるクリーナーズであるところのアウトキャスト首領エミリーンといい、炎系の能力者は面白いやつが多いな。やってることは鬼畜のくせに妙に感情移入させる。

 なお、このミッションは、マンハント4人の中でも最も簡単だった。

 とにかく一本道。回り込まれない。正面にいる敵をひたすら狙撃で簡単安心。火炎放射器の怖いクリーナーズのくせに、近寄ってくるすべが少なく、遠距離で始末できてしまう設計だから、ただの射的大会だ。

 ボスも面倒くさいことはほとんどしてこなくて、ただちょっと固いだけの黄色モブって感じ。弱い。

 ◆ ◆ ◆

 ってことでWoNYのキーナー前の4人のマンハントはすべて完了した。ここまでかかった時間は、実時間で4日。プレイ時間で15時間くらいだろうか。あっさりだったなー。

 倒してみれば、プレイしたのは「難しい順」だった気がするな。自分の装備やレベル、仕様の理解度の影響もあるだろうけど、対決時の印象的には、

 ドラゴフ>=カジカ>パーネル>ヴィヴィアン

 だったよ。

 さて、あとはキーナーとの対決を残すのみだ。Division 1から4年越しの因縁が、やっと終わる・・・のか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。