FH4: 英国ドライブ開始!

 ハンコンを買ってThe Crew 2で遊んでいたんだけど、なにぶんThe Crew 2は一度テンションの切れてしまったゲームだ。それなりに楽しめていたけど、ハンコンという新しい感動を共に味わう相棒としては、いささか弱い。

 ということで、新たなる車ゲームを模索した。

 2000円のAsetto Corsaにしようか、4000円のDirt Rally 2にしようか、はたまた4000円のNeed for Speed Heatにしようか・・・。Asetto Corsaは2014年かー、うーん。Dirt Rally 2は難しそうだなー、うーん。Need for Speed Heatは架空都市かー、うーん。

 ・・・と悩んだ末に買ったのは、7500円のForza Horizon 4だったのでした。高い!

 でもドライブが楽しそうなゲーム、かつ、デフォルメ版英国が舞台、という私に照準を合わせたとしか思えない設定の前には、数千円の値段の差などはないも同然だったのでした。

 ってことでゲームを始めようとしたんだけど・・・その前に、アカウント周りの難解さにかなり手間取ってしまった。

 Forza Horizon 4はPCでプレイする場合、Microsoftアカウントで購入するしかないんだけど、そのMicrosoftアカウントが、かつてのXbox360アカウントや、Skypeのアカウントと、いつの間にかメールアドレスを介して1つに連動してしまっていたせいで、プライバシー管理の状態がよくわからなくなってしまったのだ。

 かつてどこにどういう個人情報を入力したのか、それが誰に公開されてしまっているのか、そういうことがもう全くわからない。それが怖い。

 もしかしてゲームをするだけで本名がばれるのか? とかそういう疑心暗鬼に陥ってしまって、その辺を納得がいくまで、アカウント情報をいじるのにかなりの時間を要してしまった。

 正直、いまだに「本名が漏れたのでは」とか「リアル用人間関係にゲーム用のハンドルネーム(要するにnezfly)が漏れたのでは」とかいう恐怖がぬぐえてはいないけど、人事は尽くした。あとは天命を待とう。

 という感じで、なんだか暗鬱な感じで始めることになってしまったForza Horizon 4は、とりあえずオープニングをプレイして、ナンバープレートを自分の名前っぽくしたところまでプレイした。

 願わくばこれからゲーム内で綺麗な景色を存分に私に見せつけ、暗くなった私の心を晴れやかにしていってほしいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。