TD2: バードン・シェーファーを倒した

 今シーズンのマンハント、バードン・シェーファー退治を終えた。

 最初は二番煎じ、三番煎じのマンハントなんて、もうやるつもりはなかったんだけど、サミット追加とともにDivision 2に復帰し、新ビルドを試すという名目で、そのときそのときのコンテンツで遊んでいたら、中途半端にシーズンマンハントが「あと少し」というところにまで進んでしまった。

 そうなると、乗り掛かった舟だし、ここまでやって報酬スキルをもらわないのも(どうせ使わないにせよ)癪だし、ってことで、ちょっと奮起して倒してきた次第だ。

 今回のマンハントに関しては、ただただ終わらせることと、スキルを取得することだけを目指したので、シェーファー戦はノーマル難易度でサクッと終わらせてしまった。ノーマルだけあって、このコンテンツがどうとか語る以前の問題の簡単さだったよ。

 ただ最終戦のミッションの舞台は遊園地。四方八方から敵がわき、撃たれる、Division 2屈指のクソロケーションだ。だから、たぶん難易度を上げて挑んだら「つまらねえええ」という、散々な感想になったのではないかと思われる。ここ、本当に大嫌いだ。

 とはいえバードン・シェーファーは、長くストーリーに絡んできたブラックタスクの大物。これを退治できたのは、ストーリー的には大きく、Division好きとしては踏むべきステップだったとも思えるので、達成感はそこそこあるかな。

 ってことで、Division 2。9月末のTU11直前の復帰から細く長く遊んできたけど、ここらでひと段落かな。食べたいコンテンツは食べたし、SHDレベルも500という節目になったし、ビルド的な欲求もないし。

 あとはTU12と来シーズンだけど、今のところはTU11のサミットのような、魅力的な追加要素の話は聞かないんだよな。なので、次の復帰は1、2シーズンあけてになるかもしれないし、もう復帰はないかもしれないし、はたまたDivision 3(かそれに向けた引き継ぎ要素目当て)になるのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。