日記: 4月13日(2021年)

 骨折の日々。

 事故以来、左足は地に着けていない。かかとをつけるくらいならよい、と言われてはいるが、少しでも負担を減らし、回復を早めたいので、かかとすらほとんどつけないで1日を過ごしている。おかげでシーネのかかと部分は、いまだに真っ白、きれいなまま。黒王号馬上のラオウ。

 そんな生活なので、左足の筋力が一気に落ちているような気がする。まだ1週間ちょっとだから気のせいかもしれないけど、なんとなく左足が右足より細くなってきたような・・・。筋力という観点でいうと、骨折治癒後もリハビリ期間が長くなるのかな、と不安になる。

 この1週間余り、PCの前とトイレとの間の移動しかしていないので、当然全身の運動量も激減している。寝たきりに毛が生えた程度の運動量。なのに、いつも通りに食事はしている。おかげでじわじわと体重が増える。食事には気をつけなければ。

 そんな筋力低下と運動不足を解消するために、ケガの体を押して多少の筋トレをしている。あまり運動強度が高いと、全身を踏ん張ることで足にも負担がかかるので、弱めに。しかし上半身はダンベルである程度筋力を維持できるけど、下半身がどうにもならない。とりあえず座ってモモ上げをする程度。今ではリングフィットアドベンチャーすら高嶺の花子さん。

 療養中は実家暮らし。なんだけど、だんだん自宅の様子が心配になってきた。郵便受けとかどうなっちゃってるんだろうな。家の中は、延々と毎日ルンバ君ががんばっているのだろうか。それともドックに帰還しそこなって落ち武者化しているかな。様子を見に帰りたい。部屋着で今は事足りるとはいえ、実家では洋服も少ないし。

 事故ったバイクや、ミニの様子も気になる。バイクはクラッチレバーがずれていることは確認したけど、他に損傷はなかったのだろうか。事故当日はその辺を細かに確認する余裕がなかった。あれ以来、バイクカバーをかぶせてしまったバイクを見ていない。ミニも同じく乗れておらず、バッテリー上りもまだ平気とはいえ、あと数週間もすると危機感が出る。ミニのオイル交換時期も、5月のGWに設定してたんだよな。メカいじりはいつできるようになるだろうか。

日記: 4月13日(2021年)」への2件のフィードバック

  1. Awayuki

    怪我の度合いにもよるけど完全に元に戻るまではかなり掛かることもあるね。
    私も手の骨折が治ってリハビリを始めたのが去年の11月なんだけど、細かい作業なども問題なくできるようになったが可動域がまだ左手と比べて狭いんだよね。
    最初の1か月は握力がほとんどなくてヤバかった、ペンすらまともに持てないって感じで。
    次の1か月でハサミや爪切りが使える感じにって。ちょっと無理に動かしすぎると腫れたりしたのでリハビリもあまり負荷かけてできなかったね。
    ある程度動くようになってからは一気に動くように回復した感じであまり印象にないな。

    Nezさんは骨のバラバラに砕けた部分が不安そうだ。

    返信
    1. Nez/蝿 投稿作成者

      第5中足骨の骨折はどうも最初に聞いたイメージほどバラバラって感じでもないらしい。
      でも、多少ぐずぐずっててはいて、そして破損部位が基部よりも幹部寄りで、その辺は血流が悪く、癒合しにくいとかなんとか。
      なので固定するだけでは癒合しないようだったらボルトを入れることになるかもしれないらしい。頑張れ私のカルシウム。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。