日記: 1月11日(2022年)

 最近買ったバッグ紹介。

 5.11 TacticalのRUSH MOAB™ 6 (Black)

 購入の動機になったのは、去年から高い頻度でバイク旅(ドライブ旅)を実施している、ということだった。

 バイク旅をするのは良いんだけど、最近の私のバイク旅は、遠くを目指してバイクで走ってばかりというよりは、近場に行って、下車後にうろうろと行動する、という傾向が強くなってきている。そうなったときに、長く歩き回るためのそこそこ容量のあるバッグ、特にバイクウェアに合うアウトドアテイストのバッグを持っていない、ということに気が付いたのだ。

 元々、私はあまりカバンの類を持ち歩くのが好きではなくて、できればポケットに貴重品だけ入れて、手ぶらで歩きたいタイプの人間だ。今までのバイク旅でも、せいぜいシザーバッグのようなものを腰にぶら下げる程度で、基本的には手ぶらに近いスタイルで行動してきたし、それでなんら困らずにいた。

 でも最近のバイク旅では、前述のように運転よりも下車後の行動の比重が増してきていて、時にはハイキングに近い行動をとるようにもなってきた。そうなるとさすがに、今までの手ぶらスタイルでは軽装にすぎると感じるようになったのだ。自己責任の世界では、いざという時の備えは必要だし、最近は動画撮影にも娯楽を見出しているので、撮影機材を入れたりするスペースもあると便利だ。

 ってことで買ったのが、上記のバッグだ。

 ハイキングとか言いながらシングルショルダーかよ、って思うかもしれないけど、この辺は「バッグが必要というやむにやまれぬ事情」と、「やっぱりできるだけライトなスタイルでいたいという嗜好」とのせめぎあいの結果、つまり妥協点だ。目をつぶってほしい。

 ブランドやモデルのチョイスには、最近のAmazonプライムビデオでの視聴経験が、かなり影響している。この1、2年でアメリカの刑事ものや特殊部隊物のドラマを観すぎた結果、有名ミリタリーブランドのアイテムが欲しくなったのだ。5.11 Tacticalは、私の愛してやまないゲームであるDivisionシリーズでもおなじみのブランドなので、そういう点でもチョイスすることに迷いはなかった。世間的にダサいとかそういうことは、この際どうでもいいのだ。

 で、実際にしばらくこのバッグを使ってみての印象だけど、まずまずかな。

 しっかりしたブランドの、それなりの値段のするものだけあって、作りはしっかりしていて不安がない。縫製の粗いような個所もなくて、安心感がある。

 装着感は、シングルショルダーだし、やっぱりちょっとルーズかな。とはいえ、しっかりスリングを絞ると、かなり体に密着するので、シングルショルダーにしてはだいぶタイトにもできる。けど、そうすると背負ったり下ろしたりするのが大変なので、普段はスリングを緩めにして運用している。街歩きや、私がする程度の軽い旅行では、そのことで疲労感が増して困る、というようなシビアこともないから、問題はないだろう。

 容量は見た目よりない気がするし、でも無理矢理荷物を押し込もうと思うと案外押し込めたりもする。見た目より容量がない感じがするのは、内部の仕切りが多くて、広い空間がないせいだろう。生地が固く、広がりにくいので、一見すると本当に空間がないように見える。

 ただ、あくまでも広がり「にくい」だけなので、力で押し広げると、見た目通り程度には物は入るようだ。私はこういうパワー系バッグを使った経験があまりないので、そういう力業にまだ慣れていない。だから、いまいちまだこのバッグの容量感が自分で飲みこめてなくて、「この用事にはこのバッグで事足りるだろうか」という勘所がわかっていない。おいおい慣れていくと、そういうところもわかり、より適材適所的に、このバッグを使えることだろう。

 あとは見た目の印象だけど、これは思ったよりも良かった。背負った姿がなかなかシュッとしていて、シルエットがいい・・・気がする。私はどうも、自分のバックパック姿が好きじゃなくて、それはランドセルを背負った小学生感が出ている気が、どうしてもしてしまうせいなんだけど、これはそういうこととは無縁でよかった。

 ってなわけで新しいバッグを手に入れた私。なんだかんだで気に入っていて、このバッグを使うためだけに、ちょっと出かけたくなるような、そういう新鮮な感覚を楽しんでいる時期だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。