カテゴリー別アーカイブ: メンテナンス

日記: 5月6日(2022年)

 ポータブルエアコンプレッサーを買ってみた。

 Amazonで5000円ちょっとの品。USBで充電して、コードレスで使用できるタイプの空気入れだ。

 バイクや車のタイヤの空気圧は、今までは車検整備のついでにやってもらっている程度で、自分でケアしたことはほとんどなかった。
 
 たまーーーーーに、意識がやたら高まったタイミングで、セルフガソリンスタンドに置いてある丸い缶のやつで、空気圧の調整をしたこともあったものの、使用方法が店舗によってまちまちでよくわからなかったり、バイクの狭いチャックにそもそも刺せない形状だったり、混雑時には空気入れで時間をかけるのが申し訳ない雰囲気だったりで、ガソリンスタンドで空気圧のチェック体制を維持するというのは、どうにも億劫だった。

 そんなわけで、空気圧に関しては、基本的に放置体制を敷いていたわけなんだけど、最近になって、今どきは安価で簡易な電動エアコンプレッサーが数多くリリースされている、ということに気が付いたのだ。

 極度なライト勢とはいえ、バイクや車を楽しんでいる身である。手頃な商品がリリースされてきているのであれば、電動エアコンプレッサーの1つも、そろそろ持っておいてもいいかもしれない。

 そう考えて、購入してみたという次第だ。

 で、早速使ってみた。

 結果から言うと、バイクにも車にも、問題なく既定の空気圧ぶんの空気を補充することができた。操作も簡単でよかった。ガガガガガガ、とコンパクトな本体サイズからは予想できないくらいの、けたたましい動作音を発したのが驚きだったけど、それ以外は概ね好印象だった。

 このツールのゲージがどのくらいの精度かはわからないけど、誤差10%としても、若干の空気圧の減りがバイク、車ともに認められたので、それを補充できて気分もすっきりだ。

 あとは耐久性とか、バッテリーの質とかが気になるところだけど、それは長期的に観察しなければわからないな。5年は持ってほしいものだけど、どうだろうか。

 ちなみにバイクのタイヤの空気圧は、昨年9月ごろにローダウンをお願いしたバイク屋での補充が最後。それから8か月ほどで空気圧は既定の225kPa/250kPa(前後輪)から、170kPa程度にまで低下していた。

 一方で車のほうはというと、これまた昨年9月ごろに車検に出して以来。こちらはあまり空気圧の低下が認められず、既定の200~220kPaから、195kPa程度への低下にとどまっていた。

日記: 5月5日(2022年)

 バイクのオイル交換記録。

 前回は2021年の6月。サービスマニュアルによると、オイル交換は10000kmまたは1年らしいので、少し早いくらいのタイミングかな。走行距離的には、全然10000kmも走っていないけども。

 使ったオイルや手順は前回と同じ。

 前回と違うことはといえば、まずオイルフィルターも交換したということ。オイルフィルターはアニュアルチェック外の項目で、交換は20000kmおきだから、交換の必要性は全くなかったんだけど、ノリで替えてしまった。まぁいいでしょう。

 それと、ドレスアップしたアンダーカウルが、オイル交換時に邪魔だった。なんだこの見た目オンリーで、走行性能にも寄与しそうになく、メンテナンス性は低下させる地雷アイテムは。だが、それがいい。作業においては、片側のボルトだけ外して、ずらしてやることで干渉を避けることができた。たいして手間ではなかった。

 エンジンオイルは今回も前回と同じ4L入りのものを購入した。前回の4L購入から、2.5L使用した残り1.5Lが手元にあったので、合計して5.5L。そこから2.8L使用したので、理論上は2.7L余っている。来年のオイル交換で、無理やり2.7L使い切れば、すっきりするかな。

 その先は、オイル交換の前に、車体交換を検討しているかもしれない・・・。


オイル交換記録
・交換日: 5.2.2021
・走行距離: みてない
・オイル: AZ MEB-012 SAE 10W-40
・ドレン径: 11/16
・ドレントルク: 43 N・m (4.3 m・kg、31 ft・lb)
・ドレンワッシャー: M14用
・交換量: 2.8 L
・オイルフィルター: 交換
・オイルフィルタートルク: 17 N・m (1.7 m・kg、12 ft・lb)

日記: 12月26日(2021年)

 ハンドガードをつけてみた話。

 いつ買ったのか覚えてない、長らく所有だけしていた海外製のハンドガードを、今更ながらに取り付けてみた。

 元々、冬の手の防寒対策として購入したはずの品なんだけど、付けるのが面倒くさいし、格好もいまいちだし、そもそも冬には乗らないし、ってことで買ったくせにずっとつけていなかった。それを意を決してつけてみた次第だ。

 セットアップはほぼほぼポン付け。というかポン付けもなにも、22径のパイプにならなんでもつくわけで、当然ついた。

 ただ、もうハンドル上はいろいろなものでいっぱいいっぱいなので、セットアップに当たっては、少しブレーキのリザーバータンクを移動させたり、束ねてあったケーブル類を一度ほどいたりと、多少の整理整頓をしないといけなかった。大した作業ではなかったけど、一応制動系の重要なパーツ群なので慎重に。

 で、完成。

 いやー・・・・・・・・・・・ダサ。

 アンダーカウルとハンドガードで、一気に見た目の印象がゴテっと重たくなったな。さらにリアケースも含めて、黒樹脂の安っぽさも前面に出てしまった。なんというか業務用バイクって感じが強まった。全然スポーティーじゃないよ、スポーティーじゃ。

 正直こういうゴテゴテしたのもそんなに嫌いではないけど、FZ6の軽いムードや青いカラーのスマートさには合ってないんだよなぁ。オリーブとかタンカラーでミリタリー色だしたりするのに適した外装だ。1周回ってプロ感あると思いこむしかないな。

 ともあれ、これでヘルム(ツーリングスクリーン)をつけ、ブレストプレート(アンダーカウル)を付け、ガントレット(ハンハンドガード)をつけた。防御力はまんてんだ。カタフラクトだ。

 その後、少し走ってみたんだけど、防寒性能はどうだろうな。手に当たる風はさすがに減ったような気がするけど、試走したのが昼の14時くらいという、一番暖かい時間帯だったので、よくわからなかった。早朝の極寒地獄に走らないと真価はわからないな。

 あと、ちょっとした問題として、ハンドルをフルロックするとカウルと干渉した。フルロックターンなんてできないし、停車時には干渉しつつもハンドルロックをかけられるくらいだから、大きな問題ではないけど、一応、完全にフィットしているわけではないということは記しておこう。

日記: 12月7日(2021年)

 アンダーカウルを取り付けた。

 アンダーカウルというのは、車体底部のエキゾーストパイプのあたりにつけるカウル。ベリーパンと呼んだりすることもある。

 一応、車体底部の整流効果や、エンジンの冷却効果などに寄与する、という名目のパーツだけど、実際のところは、見た目に変化をつけるためだけにつけるパーツだ、と言い切ってしまっていいだろう。こんなカバー1つで性能が上下するようなシチュエーションは、よほどの限界走行時だけで、テケテケツーリングにおいては全く装着のメリットはない。

 断言するけど、効果は見た目オンリーだ。

 ただ、重量物が1つ増えるというだけだ。

 だが、それでいいのだ。アンダーカウル付きの見た目を、本人が気に入ればいいのだ。

 というわけで、そんなアンダーカウルの装着作業を実施した。

 FZ6のアンダーカウルは、純正のものがあり、また社外品も数社からリリースされていた。のだけど、FZ6がカタログ落ちしてから10年以上が経過する今となっては、そのほとんどが入手不可能になってしまっている。

 そんな中、今回私が用意したのは、現在でも購入できるおそらく唯一に近いメーカーである、Odaxのものだ。

 要するに、現存するものを消去法で選択した、というわけだ。積極的な選択ではないので、満足度は正直100%ではない。本音を言えば、現用のツーリングスクリーンと同じメーカーである、Puigのものをつけたかった。装着したパーツのメーカーに統一性があるのは気分がいいし、デザインもPuigのものは鋭角なフォルムで私好みだったから。でも、Puigのものはもう製造されていないようで、取り寄せすらできなかったから、仕方なく取り寄せ可能だったOdaxで妥協した、という次第だ。まぁいいでしょう。

 注文後、かなり待たされたうえでやっと届いたアンダーカウルは、懸念していた工作精度の粗さもそれほどなく、ちゃんとポン付けで装着することができる、なかなか優秀なものだった。左右のパーツのかみ合わせにこそ、少々難があったものの、それ以外には大きな問題はなかった。

 取付作業は、アクセスしにくい個所のボルトに、少し苦戦したりはしたものの、トータル1時間そこそこで完了した。海外製のパーツにしては、困らされるところのない、なかなか当たりの商品だったんじゃないかな。

 装着しての見た目の印象は・・・悪くないね。

 いいところは、アンダーカウルがついている、という当たり前の部分。ハーフカウルにアンダーカウル、という見た目は、昔から私のドストライクで、思えば先代のゼルビスもその見た目が気に入ってのチョイスだった。だから、昔馴染みに再会した、というような満足感がある。

 色が黒というのも、カウルの青とツートンになっていておしゃれ。メッシュ窓の差し色もいい。当初はカウルと同色の青で塗ろうか迷ったものの、それはこの黒に飽きたら考えればいいかな、と思っている。

 一方でいまいちなところは、Odaxのアンダーカウルのデザインそのものかなぁ。ちょっと丸みを帯びすぎている気がするんだよね。もう少しシャープな造形だったら、なおよかったと思う。FZ6元来の昆虫のような造形や、フロントの猫目には、シャープなフォルムがより似合うはずだと思うのだ。そしてこの丸みを帯びたフォルムが、必要以上に重たい印象を与える結果にもなっていると思う。その辺がマイナスポイントだ。

 まぁ、でも、全体的には気に入っているよ。15年目を迎えようという相棒が、ここへきて着飾って別の印象を与えてくれるというのは、倦怠期を回避する上でもいいことだろう。

 装着後、少し走ってみても、特にガタが出たりはなさそうだった。一方で、もちろん走りが速くなったりもしない。こんなもんだろう。

 それでも、新しい見た目になったマシンというのは、それだけで気分がいい。軽快に走っている「気分」になれた。体感性能、つまり「思いこみ性能」は向上だ。

 いいね。

日記: 12月3日(2021年)

 サイドスタンドをショート化した。

 ローダウンした結果、車高に対して相対的にサイドスタンドが長すぎる状態に陥り、サイドスタンドを立てた駐車状態における車体の角度が垂直に近づきすぎている、という弊害が発生していた。

 とはいえ致命的というほどの状況ではなく、平地に駐車してある分には、一応ぎりぎり安定を保てるくらいの角度はついていたので、ローダウンした段階では特に対処をせず、様子見としていた。なまじ実用できてはいたために、ついつい執行猶予を与えてしまっていた、と言ってもいい。

 しかし、実際にこの安定感に不安のある状態の車体を保有してみると、気分の良くないことが多かった。

 例えば大きめの地震が起きたりすると、それだけでなんだか「倒れてないだろうな」などと不安になってしまう。それに実用の上でも、ツーリング先の駐車場が必ずしも平坦であるとは限らず、むしろ何らかの角度がついていたり、凹凸があったりすることのほうが多いので、ツーリング先で余計な心配がいちいち増える。

 そういういろいろな面を勘案すると、やはりサイドスタンドを立てた車体には、もう少し角度のマージンが欲しい、という結論に達してしまった。

 というわけで、ローダウンをお願いしたバイク屋に再び車体を預け、サイドスタンドのショート化加工をしてもらった次第だ。

 作業内容は、サイドスタンドをカットし、短縮したうえで、切断面にしかるべき鉄板を溶接して、接地面を作りなおしてもらうという、力技というか、職人芸というか、そういうガチの加工、ワンオフパーツ制作だ。これは自分ではできない。

 完成したサイドスタンドは、はじめからこれが純正品のようにしか見えない、というような見事な仕上がりで、私は大満足。肝心のサイドスタンドを立てた状態での車体の角度も、ローダウン前の時代と遜色のないもので、完全に要望通りだった。うーん、職人はすごい。

 ってことで、今度こそ完全にローダウン計画は完結だ。かなり紆余曲折を経たというか、周囲には「1度で済むことを3度かけたわけね?」とか皮肉も言われたけど、結果よければすべてよし。期待通りかそれ以上の成果を得られた。

 気が付けば冬季に入ってしまい、これからはバイクに乗るのもキツイ季節になっていくけど、せっかくいじったのだから寒さ対策をして乗っていこう。

 ・・・かなぁ?