日記: 7月31日 (2004年)

 バイクで事故った。

 結果から言えば、私の愛車はフロントカウル大破、ミラー損傷、計器関係歪みまくり、という被害を受けたが、私自身はかすり傷一つなかった。事故ってる以上、運がいいとはいわないが、不幸中の幸いだったかな。

 経過はこうである。

<図1>

 つたない図で申し訳ないが、耐えておくれ。赤が相手方四輪車。青(図1にはないが)が私のバイク。黄色が無関係な車両である。

 その道路は、片側二車線の国道。二車線ではあるのだが、左側車線は路駐車両が散在しており、ほぼ全ての四輪車は、右側車線を通行していた。おかげで、右側車線は渋滞気味である。

 そんな国道の、ある交差点で事故は起こった。

<図2>

 そんな道路状況でも、バイクには基本的に関係ない。路駐車両があっても、バイクでなら左側車線を悠々走れるのだ。右側車線の渋滞を横目に見ながら、それでも路駐の影からの飛び出しが怖いので、なんとなく遅め(40km/hくらい)のスピードで、ふふふん、と走る。

 そして私のバイクは交差点にさしかかる。

 図を見てもらえるとわかると思うのだが、この道路状況では、赤車両と青車両の間にほとんど視界が通っていない。このことが、事故を招いた。

<図3>

 私が交差点に進入する直前、信号が青から黄色に変わった。しかし、現在の速度と、交差点までの距離から考えて、そして雨上がりという道路状況もふまえて、ここで強めのブレーキをかけるのは危険と判断。そのまま交差点を突っ切ることにした。

 ところが、対向車線には、そんな私に全く気がつかない、右折車両がいたのである。

 私が交差点内に入ったとたん、目の前には赤い壁が立ちふさがっていた!

<図4>

 あわててハンドルを右に切る。なんとか赤い車両の後部をすり抜けようと試みたのだ。しかし、とても間に合わない。あと少しというところで、私のバイクの左前方と、赤い車両の左後方が接触してしまった。

 左ハンドルにかかる激しい衝撃! バイク全体が右側に倒れ込みそうになる。そこを、アクセルワークを駆使してなんとかねじ込む。そんな一瞬の悪戦苦闘をへて、私は運良く、本当に運良く、転倒せずに路肩にバイクを寄せることができた。この間に、図の黄色い車の列から後続車両が来たり、対向車線から後続する右折車両が来ていれば、私は間違いなく吹っ飛ばされていただろう。

 その後、同じく車を停車させた赤い車両の運転手と話し合い、警察を呼び、事後処理を行った。初めての事故で、ややパニックになりながらも、なんとかこなす。幸い私も無傷で、バイクも走行自体はできるという程度の損傷だった。かすめるように接触した分、被害が少なかったんだろう。

 それにしても、右にハンドルを切るのが少し遅れたら、赤い車両の右折速度が少し遅かったら、私は正面から赤い車両の側面につっこんでいたに違いない。それを想像すると、寒気がする想いである。

 で、まあ保険屋やらに電話をして、現在事故証明と保険屋の対応待ちという段階である。

 あー、めんどくさいことになったもんだ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。