作成者別アーカイブ: Nez/蝿

PAX: 1か月が経過した

 発売からおよそ1か月が経過した。

 前回の更新から今日までの2週間弱ほどは、実はほとんど遊んでいない。総プレイ時間は55時間弱で、前回からは2時間ほどしか、プレイしていなかったりする。

 この2時間の間でしたことは、負けたら引退の覚悟で持ちうる資材を総動員し、2度目のブレストプレートの製作にトライする、ということだった。

 結果としては、16/21(76%)の確率で成功する状況だったので、分の良い博打だったはずなのだが、見事に敗北。資材の大半をロストしたところで、一旦このゲームは卒業とすることにした次第だ。

 ってことで、最後にこのゲームの感想なんだけど、基本は良いゲームだったと思う。

 まだ粗削りで説明不足だったり、不便だったりする部分はあるものの、大半の部分はシンプルでわかりやすい。リアル寄りに描かれた世界は、特に光の表現が綺麗で、自然のあちこちが輝きを放っていたし、建築物や製作物のビジュアルも、現実味があって美しい。クラフトの仕様も、そこそこリアル、そこそこディフォルメという具合に調整されていて、ちょうどいい具合だった。

 トータル的に、そこで暮らし、成長する楽しさがあった。

 サバイバルクラフトが好きで、かつ、MMO好き、という私のような層にはうってつけのゲームだった。

 ただ、私個人のプレイスタイルに合わないこととして、ソロに厳しい設計、ということがあり、そこがやる気を損ねる、唯一にして最大のポイントだった。

 「人を集めたほうが成長速度が速い」という設計ならいい。マルチプレイヤーゲームでソロをするのだから、多少の不利は甘んじて受けよう。

 でも、「人を集めないと成長の上限が低い」という設計はキツイ。ソロではいくら頑張っても、最高級の素材を使ったクラフトができない、スキルを最大値まで成長させられない、とわかっていて、なお下積み時代を頑張るのは難しい。私はそれで心がかなり折られてしまった。

 それと、もちろん最初から織り込み済みだった要素として、今はキャラワイプ前提のアーリーアクセスである、ということも、私のプレイが1か月そこそこで終わった要因ではある。進めば進むほど終了時の喪失感が大きくなるのであれば、ほどほどで止めておこう、というのが人情だ。

 ってなわけで、1か月めの一旦プレイ終了、となった次第だ。

 ともあれ、遊んでいる間のゲーム体験には大きな楽しみや興奮があり、真剣に没頭できるものだった。支払った金額分のもとは十分にもう取れている。けなすようなゲームではまったくない。現時点では、今年一番面白かったゲームのひとつ、とすら言える・・・かもしれない。

 あとは正式リリース時に参加するかどうか、というところだけど・・・「ソロで最後まで行けない」という設計が変わらない限りはないかもなぁ。

PAX: 3週間余りが経過した

 さらにさらに1週間あまりが過ぎ、発売からおよそ3週間が経過した。

 総プレイ時間は52時間ほど。前回の48時間から6時間しかプレイしていないので、だいぶ落ち着いてしまったかな。

 目標のヨワプレートの作成にはまだ至っていない。というか、70%くらいで成功するスキル段階で、大量の資材を投入したクラフトに挑むも、無事爆死し、ほとんどすべての資材が吹き飛んだ。意気消沈。

 一応、気を取り直してArmorsmithingのレベル上げを続行し、いつかの再挑戦を期してはいるけど、上記のようなプレイ頻度になってきたので、それもどうなることやら。

 また、この期間でまたパッチが当たって、こまごまとした変更が加えられた。

 私に大きく影響しているところでは、「動物の頭が若干よくなった」ということかな。地形ハメで倒しにくくなったので、クマ退治がしにくくなった。弱小ソロ勢力にとっては、ただでさえ細かった上位革の入手経路が、さらに細くなってしまった。

 そしていわゆる「スパー」もしにくくなった。クマがはまっている間は、戦闘スキルはいつでも上げようと思えば上げられる、という安心感があったけど、それは霧散した模様。不健全だからそれが正しいのだろうけど。

 ってことで次回。1か月経過くらいのタイミングになろうかと思われる報告で、一旦このゲームは総決算しようかな、と思ったり思わなかったりしている。

 写真も「俺たちの戦いはこれからだ(次回作にご期待ください)」感だ。

PAX: およそ2週間が経過した

 はい、さらに1週間が過ぎ、発売からおよそ2週間が経過しました。

 ここまでの総プレイ時間は48時間ほどになった。最初の1週間で32時間だったので、この1週間のプレイ時間は、ちょうどその半分の16時間だったわけだ。のめりこみ度はだいぶマイルドになってきたかもしれない。

 そろそろ「投資する時間」と、「いつかワイプでそれを失うというリスク」とを、自分の頭の中で天秤にかけ始めていて、意識的にのめりこまないようにしてしまっているのかもしれないな。

 2週間目の状況としては、まず田舎の私の家の周囲にも、さらに少しの住宅が増えて、にぎやかになってきた。ただそのおかげで、資源や野生動物の至近の沸きスポットがつぶされてしまっているので、QOLがやや下がってもいる。ちょっとだけ遠くの森まで行かないと、イノシシやシカを狩れないようになってしまった。それでも、都会に比べればだいぶ自然が近いし、にぎやかなのは良いことだけど。

 また同時に、空き家も増えているかな。空き家になる家は、大体出現3日くらいでそうなっている。このゲームが肌に合わずに、すぐ飽きた人の建築中の家だ。

 この建築中のまま一向に消えない家々を見て疑問に思うのは、このゲームの、いわゆる「家が腐る」ルールはどうなってるんだろう、ということだ。たぶん、まだルールなしのような気はするけど、いつかはルールを決めてもらわないと、土地が無駄に消費されてしまいそうだな。

 スキル上げに関しては、主要スキルの多くで上位素材を求められるようになってきているし、素材の入手性が下がったこともあって、成長曲線がだいぶ緩やかになってきてもいる。新しい素材に手を出す瞬間は楽しくはあるけどね。

 さらにスキルによっては、最上位素材も視野に入ってきてはいる。が、その最上位素材は、PvPエリアやダンジョンに行かないと手に入らないらしいので(知らんけど)、きっとPvPエリアでは生き残れないソロ勢としては、「成長の限界」が見えてしまっている。限界が視野に入ると、とたんにモチベが削がれるんだよな。ワイプ前提となればなおさらだ。

 ってことで、最近はだいぶ手抜きプレイのまったりプレイになってきてもいる、というわけだ。冒頭に示したようなプレイ時間の減少傾向もむべなるかな。

 今後の方針としては

  • 莫大な資産を投入すれば作れそうな簡素なプレートメールまでは作る
  • パン作り、醸造、ポーション作りのような未着手の趣味を少し味わう
  • 世界を旅する
  • PvPエリアか、ダンジョンかで爆死する

 ってとこまではしようかなと思っている。

 その先は、正式リリースでもいいかなー。

 ただ、この世界で遊ぶのは、本当に楽しい。目下このゲームでしか得られない栄養素がある。スローライフシムとしてはなかなかのものだ。

PAX: 1週間が経過した

 発売後、そしてプレイ開始後、おおよそ1週間が経過したので、記録しておこう。

 記録の時点は、6/26。発売日は6/18だったので、プレイ日数は足掛け9日かな。初日はほとんどプレイせず、この日はこれからプレイなので、まぁ、実質7日ということにして、1週間で話を進めることにする。

 ここまでの総プレイ時間は、Steam換算でなんと32.5時間。あまり長時間ゲームをしない昨今の私にしては、ずいぶん遊んだな。1日あたり4-5時間だ(え? テレワークの裏で起動して放置してるせいだろう? そ、そんな馬鹿な・・・)。

 それでキャラクターはこんな感じに育った。

 まぁまぁの木こりゲーだということがよくわかる。木こりスキルが群を抜いて高い。なにをするにもまず木、というゲームだ。

 次点で高いのは採掘。木を切ってないなら石を掘れ。そういうゲーム。

 木と石が満ちたら、やっと、じゃぁそれでなにをしようか、というところになる。

 それで言うとこの写真の数値は、だいたい序盤はみんなそうだと思うけど、「手に入れた素材でできることを全部やってみた」って感じのまんべんない数値だ。鍛冶、大工、裁縫、弓矢作り、料理・・・全部試した。手に入る素材を、もったいない精神で全部消費しようと思うと、分業できないソロプレイでは、どうしてもこういう器用貧乏の道を歩む。成長曲線は遅いけど、自力でいろいろできて楽しいともいえる。

 戦闘については、弓矢で狩りばかりしていたので、弓が一番高い。あとは序盤は片手槍しか選択肢がない時期があるから、それが上がって、そのあとは鍛冶スキル上げの過程でできた一番強いのを、あまりこだわりなく持って使った結果がこれだ。

 武器種ごとに細かくスキル分けがあるのは、「俺○○使い~」とか言いたい頭キッズな私としては、好みの仕様だ。

 しかし1週間にして、だいぶキャラに愛着が出てきてしまったな。

 ワイプがいつか来る前に、それが惜しくない程度に飽きておかないと。

PAX: 続・旅をしてきた

 先日は自宅から南東への旅を行ったので、今回は自宅から北西方面を旅してきた。

 我が家はInis Gallia州Nones県南東地区に位置している。そんな自宅から、Nones県の中心ともいうべき湖水地方を添うようにして進み、Nones県外の山岳地域まで行って、帰ってきた。

 X(Twitter)に貼った写真ばかりだけど、写真に沿っていくつか述べよう。

 左上は美しい湖水地方の風景。このゲームは、中世フランスをモチーフにして、世界を構築しているらしい(という記事をどこかで読んだような)。国の南東にあるInis Gallia州の、さらに南東にあるNones県は、現実世界のフランスに照らし合わせれば、フランス湖水地方のアヌシーなどを想起するのかもしれない。

 右上は道中に見かけた家。わかりやすく「ご自由にお持ちください」ボックスがあった。このゲームはスキルベースのゲームにありがちな「スキル上げだけのために作った余剰アイテム」が大量に発生する。そしてNPCのいないこのゲームでは、余剰アイテムをお金に換えることもできないため、その多くは、地面にばらまいて捨てることになる。だから、こういう有効活用をしたい気持ちはよくわかる。

 左下はNonesの領域を抜けた先の山岳地域で見かけた鉄鉱石(Iron)。Nones県の領域内では、不純物混みの鉄鉱石(Impure Iron)しかなかったが、ここまでくると交じりっけなしの鉄があった。鉄だけではなく、銅や錫といった初見の鉱物も多数あって、旅の収穫は大きかった。

 で、右下が今回の軌跡。普通に走るだけなら・・・片道15分くらいかな。Karana平原くらいかもしれない。

 まず分かったのは、私の家はド田舎だった、ということだ。

 湖水地方までいくと、一気に住居が増えて、にぎやかになった。県の中心地はやはりこの辺のようだ。

 水辺は景色がいいし、そしてなによりも、鉄や銅や錫のような、ちょっと上の素材になると、県の領域外に出ないといけないようだから、県の境界に近いエリアのほうが、素材確保という点で有利なのだろう。

 ここから先は想像だけど、さらに上を目指すなら、最終的にはInis Gallia州の北西端から、世界の中心にあるPvPエリアに行く必要すらある。そうなると、そもそもInis Gallia州のなかでも、Nones県は最も世界の中心から遠いわけで、そこをわざわざ選んで住んでいる我々は、上昇志向が低く、まったりペースの人が多いのかもしれない。うへうへ。

 そして、なんとなく田舎の我が家は、田舎ゆえに周囲に野生の動物が多いと感じている。森が近いこともあってか、あちこちに獣がいて、狩人プレイがしやすい。プレイヤーの家が動物の湧きポイント近辺に建てられると、そこからは湧かなくなってしまうようだから、狩人プレイをするのなら、人里離れているほうがしやすいのかもしれないな。

 私は今はワイプありのアーリーだから、面倒くさいので引っ越しはしないけど、次に1からプレイする機会があるのであれば、その時にはこういった土地勘も活かしていこう。