日記: 2月20日 (2006年)

 mixiのネタになるといつも「いまさら」になるんだけど、今回も例に漏れず、またその「いまさらな」話。

 ワタクシmixiにて、いまさらながら「足あと」なる項目を発見しました。

 「足あと」ってのは皆さんご存知のように、要するに訪問者履歴なわけだけど、mixiにこんなもんがあるとは全然知らなかったよ。しかもIPが残るとかそんな生易しい履歴ではなく、そのまま訪問者各々のmixiにリンクされるという、かなり強烈な履歴だ。

 「足あと」の内容を見てみると、8割方は知人の名前が並んでいるんだけど、その中にポツポツと知らない名前がある。その名前の先を見てみると、全然身に覚えのない人だったり、こっちから訪れた記憶のある人だったりするんだけど、いずれにしても関係は「赤の他人」な人々だ。

 つーことはこれ、私の名前も、訪れた先の「足あと」に残ってるわけだよなぁ。インターネットの匿名文化に慣れてしまっている私からすると、非常に違和感のある、率直に言えばイヤな感覚だ。

 この二週間くらい、mixiを真面目(?)に使い出してからというもの、「Guild Wars」とか「D&D Online」とかの検索ワードで、100近い赤の他人のmixiを覗いてきた私。その100のページ全てに、私の名前が「足あと」として、私の自覚なく残っているというのは、実に不覚だ。

 「なんだ、mixiってずいぶん便利だな」と思っていた矢先にこの発見(遅せーよ>私)。なんだか、今後いろんな人のmixiを覗く行為を躊躇してしまいそうだ。どーすっかのー。

日記: 2月20日 (2006年)」への2件のフィードバック

swth へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。