EQ2JE: さらにレイド

 前回FTHのレイドに誘われたあとの数日間で、さらに続けざまに3度(うち1度は1度とカウントするものかわからないけど)、レイドに参加させてもらうことができた。私などを1度ならず誘うとは、実に愚k・・・もとい奇特な人々だが、黙っておこう。

 今回いってきたのは、エメラルド殿堂(EH)、甲殻類の洞窟(カニ)、そして写真のロード・ヴァイムの研究所(Lab)だ。基本的にはひたすら着いていって、わずかばかりのダメージソースになっただけなので、取り立てた役割は担わなかったんだけど、そんなコバンザメの私がしかし、各所の感想とかを記しておくのであった。勘違いしている部分は多々あろうが、しったことか!

 ・エメラルド殿堂

 レッサーフェイダーク(LFay)から入る、大自然ゆたかなレイドゾーン。Wikiに情報がなかったので、事前情報無しで参加。殿堂という割にはLFayと同じようなフィールドゾーンで、建物らしき影は見当たらなかった。マップの半分くらいを進んで解散してしまったけど、ひょっとしたら奥のほうに建築物があったのかな?

 難易度的には、前に行ったFTHや、この後にいったカニとかLabに比べても高かったように感じた。そのくせ、立ち寄った箇所に限って言えば、単なるフィールドゾーン風で、いまひとつ面白みに欠ける場所だった。ええい、殿堂はどこだ、殿堂は!

 この参戦で一番感じたことは、とりあえずAEがめちゃくちゃ痛いということだ。装備について、攻撃力と守備力しか見ない傾向のある私をして、SV装備の重要性を実感さしめるのだから、ただごとではない。解散後、私らしくないことに、SV用の生産品指輪&耳輪を3種(魔法系、エレメンタル系、毒病気系)を速攻で買い揃えたよ。このゲームはずばり極論すれば、「AEをどうするかというゲームなのでは」とさえ思えた。

 ん? また参加できる気なのかって? 備えあれば憂いなしなのだ!

 ・甲殻類の洞窟

 フォールンダイナスティのシンの村そばにあるレイドインスタンス。とはいっても、中に入るといきなりボスがいて、それを倒したら終わりという、1戦するためだけのゾーンだ。

 ボスは略称(私がここで便宜上つけただけ)を見てもわかるように、巨大なカニだ。ダメージを与えるペースが一定水準以上になると、雑魚カニを呼び出すという困った仕様なので、ろくに魔法やアーツも使わずに、ひたすらゆっくり殴って倒した。ゆっくりやっても持つだけの耐久力さえあればよいという、ある意味わかりやすく、そして面倒くさいボスだ。

 ・ロード・ヴァイムの研究所

 ロードだって、ロード! EQでロードといえば、Lord Nagafenがまず思いつくわけで、思いつかない人はもぐりなわけで、つまりLordといわれればドラゴンを連想するしかないわけで、そしてやっぱりLabのボスもドラゴンでしたー! ヤホウ!

 つーことで、Lab。ダンジョン進行型のレイドゾーンで、FTHやEHと比べても、だいぶ楽勝な感じの場所だった。人数が多かったせいか、あまり苦戦を感じずに、隅から隅まで敵を倒しつくすことが出来たよ。ドラゴンがボスだとテンションが上がるし、ぽこぽこよさげなアイテムも出ていたので、なんか好印象だった。

 でも、出るアイテム出るアイテムよさげだった割りに、でると他の人が「はずれだ」とかゴミを見るような目で言ってて(妄想)、非常に価値観の乖離を感じたな。くそ、ブルジョワどもめ!

 ってことで、この数日間は、私にしては珍しく、よくレイドなるものをこなす日々になった。うーん、新鮮なぶん楽しくはある。でも、がんばりすぎるとやはり疲れるな。「ほどほど」を忘れずにいくとしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。