日記: 12月1日(2008年)

 いよいよ冬です。

 私はどちらかというと、夏よりは冬、という人で、「暑い暑い」と呻くよりは、「寒い寒い」と呟いているほうが、まだましだというような性質の持ち主だ。というか、「寒い日に暖かくして出歩く」ことはできるけど、「暑い日に涼しくしては出歩く」ことはできない、というのが私にとっては、決定的な差なのだ。無論、室内ではどっちでもエアコン全開で、問題なしである。

 ってことで、今年の冬に向けて、「暖かくして出歩く」ための秘密兵器を購入してみた。

 それが写真の「ジッポ・ハンディ・ウォーマー」だ。

 私と違って年老いたおっさんの皆さんは知っているかもしれないけど、要するに「ハクキンカイロ」ですな。燃料を触媒燃焼させた熱であったまるという、メカニカルな、男心くすぐるアイテム。

 本家ハクキンではなくて、ジッポにしたのは、安かったからってのと、袋のデザインの問題。刻印や微妙なデザイン以外の部分は、どっちも同じものらしいので、興味を持った向きは好きなほうをお求めいただきたい。

 さて実際に使ってみると、運用は思っていたよりも手間がかからず、しかも使い捨てカイロよりも明らかに暖かい。実用性にも富んだよいアイテムだと感じた。

 ただ正直なところ、今回の私は、暖かさを求めて購入した、ってわけではなかったりする。それよりも、「アナログチックな便利アイテム」というもののもつ、独特の所有感を満たすために購入した、ってところが大きい。だから、買ってしまった時点でもう満足している部分がある。

 だいたい日々の外出、つまり家から駅まで10分弱を歩き、駅から目的地まで10分弱歩く、というような外出では、カイロの出る幕はないんだよね。だから、冬にわざわざカイロが必要になるようなアウトドアレジャーをしない限り、例えば極寒ツーリングでもしない限りは、使う機会は少ないと考えている。

 でも、せっかく買ったんだし活躍させたいなー。やはり、冬ツーリングに出るしかないのだろうか・・・むむむ。

日記: 12月1日(2008年)」への2件のフィードバック

  1. teltel

    ハクキンカイロ懐かしい。あの独特のにおいが記憶に残ってるなぁ。あれはベンジンなんですね。
    ZIPPOの方はZIPPOオイルがそのまま使えるんですね。商売上手め。
    今の時代、もっと売れてもよさそうなアイテムですねぇ。

    返信
  2. Nez/蝿

    ハクキン実際に使ったことがある人がまわりにいないというのに・・・
    teltelおじさんはさすがですね!

    今日百円ショップでネックストラップとキーリングを買ってきた。
    オサレに首から下げれるようにしたよ!

    返信

teltel へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。