日記: 5月10日(2009年)

 GWに実家に戻ったばかりだというのに、再びこの週末も実家へ。

 目的はバイクの整備だ。

 バイクの整備はバイク屋任せの私。去年まではバイクは実家に保管していたから、その名残でなじみのバイク屋は、実家近辺にしか頼るところがないんだよね。だからバイク屋に整備をお願いするにも、実家方面に長躯する必要があるのだ。いざというときのことを考えると、自宅そばに信頼のおける店を持っておきたい気もするんだけど、年1回くらいしか利用しないタイプの店を、わざわざ新規開拓するのは面倒くさい。ま、実家といっても同じ都内だし、そんなに問題はなかろうと思われる。

 ってことで、1年2ヶ月ぶりにバイク屋に12ヶ月点検&整備をお願いしてきた。1年以上メンテナンスもせずにおくというのは、ちょっと長期間放置しすぎな気もする。だけど走行距離的にみれば、全然まだ点検が必要なさそうなレベルなので、走行による劣化と、時間による劣化のバランス的にはちょうどいいんじゃないかな? うむうむ。

 さて、バイクを預けるときに楽しみなことの一つは、代車だ。過去この店には2回ほど、代車をもらうような整備をお願いしていて、それぞれのときの代車は、50ccの原付が1回に、400ccのビッグスクーターが1回だった。これは当サイトを頻繁に見ている奇特な人は覚えがあるかもしれない。

 さて今回はというと・・・100ccの原付2種でした! ヤマハ系列店なので、SR400とかドラスタとかトリッカーとかを、勝手に期待していたんだけどなあああ。まぁ、しょうがないか。

 乗ってみた印象は、ほとんど50cc原付と同じだった。ただ当然、排気量のぶんだけパワフルで、まず大抵の幹線道路で速度面の苦労をすることはなさそうに思われた。それでいて50cc原付と遜色ない軽快さ、簡単さなので、評判どおりに原付2種はシティーユースには最強の選択肢の1つだと感じられる。よい階級だね。

 でもまぁ当然だけども、やはり我が愛車と比べてしまうと、パワーが全然違うね。整備が終わって、愛車を引き取った直後の運転で愛車のパワーを再確認。出足のよさ、スムーズさが段違いだった。うむ、やはり私のとってのバイクなんて完全な趣味の乗り物なんだから、こうでなければな! 別にパワー志向ではないけどもね。

 ってなわけで、ちょっとだけ各部が快調になった愛車を惚れ直しつつ、帰路についた私なのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。