日記: 7月7日(2009年)

 本日開始のAIONのオープンΒテストに、初日ということで参加してみた。

 ゲームそのものの感想は、以前に述べたファーストインプレッションどおり。ゲームそのものの出来栄えは、良くも悪くも平均的で、スケール感が「不可」、基礎部分が「可」、便利機能が「良」、といったところで、トータルでは「可」、となる。

 今回は以前と違って、少なくとも1年は消滅しないであろうキャラクターなので、多少モチベーションの維持はしやすいという点が異なる。だけど、かといって課金するかといわれると、やっぱりないかな、というのが現在の心境だ。

 課金しなそうな要因は、ゲーム世界に馴染めそうにないから、というのが大きい。おそらくもう一段大人の階段をのぼると、堂々と達観できるのだろうけど、私はその境地にはまだ達していないようだ。そんな孤立的な状況なので、究極的に言えば「その辺の人となかなかパーティを組む気がしない」という結論に達してしまい、先が無いように思われるのだ。

 唯一光明が見出せるとしたら、DAoCのレンジャーや、FEZの短剣スカウトのように、人知れず孤軍奮闘できる仕様なら楽しめなくもないかな、とは思う。そんな点に期待をして、今日はとりあえずストレイダー(暗殺職に派生)を作ってみた。

 うーん、でもきっとダメだろうな。狩りながら「EQ2のAA稼ぎのほうが有意義かなぁ」とか初日から思ってる始末だもの。うけけ。

日記: 7月7日(2009年)」への4件のフィードバック

  1. Nez/蝿

    この飛行はVGの美しい世界でこそしたかったなー。
    フライングマウント今はあるそうだけど、遅すぎた。

    そしてAIONの飛行ゲージはEQ2の窒息ゲージくらいの見易さでいいと思うなー。
    割と重要な要素の割には、ゲージが控えめなのが疑問。

    返信

Nez/蝿 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。