APT: 最終回

 「アクティブ・パーソナル・トレーナー(APT)でリバウンド対策!」

 全39日、運動実施日20日にして、APTの「30日チャレンジ」メニューを完遂し、この企画も終結を迎えることとなった。

 目標体重推移は-2.0kgだったんだけども、結果はたったの-0.9kg。惨敗といっていい結果に終わった。

 敗因はとにかく「食いすぎ」によるものがすべて。APTのエクササイズツールとしての出来映えどうこうという問題では全くないので、この惨敗をもってツールの評価を行うのは、特に「ダイエット効果なし」と断ずるのは、失礼きわまる行為だろう。ご了承いただきたい。

 さて、食いすぎについて! あえて言い訳をすれば! この企画の実施期間というのは、ここ数ヶ月の中でももっとも会食、飲み会の機会が多かったし、また例年の傾向をとってみても、この季節は食欲の秋を地で行く抑制の効かない期間なので、条件的には厳しかったのは確かだ。確定だ。自然の摂理だ。宇宙の黄金律だ。・・・だから、まぁ、なんだ、その、そういうことからすると、「増えなかっただけでももうけもの」ということにして、自分を慰めてもいいのかもしれない、よね? う、うむ、甘ちゃんすぎるな、私。うへっへっへ。

 さて、最後にAPTのソフトウェア、エクササイズツールとしての評価だ。ズバリこれは、「下半身の筋トレに向いたツール」だと思う。

 実際に下半身の筋力ははっきりと向上したと自覚できたし、運動中は下半身だけが常につらかった。これはもともとの私の下半身の筋力が乏しかったので、運動による上昇の余地が大いにあったことも強く影響してはいるんだろうけども。

 その反面、上半身は付属のゴムバンドを使ったトレーニングになるんだけど、いまひとつ効果を感じられないものが多かった。ゴムの反発力が低いせいか、もともとWii Fitの腕立てで下半身よりはマシな筋力だったせいかはわからないけど、ぐにぐにとゴムを引っ張っていても、まるで疲れもしないし、筋肉痛にももちろんならない。暖簾に腕押し、といった状態だ。上半身に関しては、平行して行っていたWii Fitの腕立てがもっともきついトレーニングで、APTの上半身トレーニングは単なる休憩時間としての意味しかない気分だった。

 ということで、今後のマイWiiトレーニングジムのメニューとしては、「Wii Fitで腕立て&APTで下半身トレ」というのが最も効率がよさそうだ。今後の参考にしていこう。

 とはいえ、もう同趣旨の内容を再企画するのもマンネリだなぁ。だけど、企画化されていないと本格的にサボって、運動意欲が消滅しそうだし・・・どうすっかのー。

 とりあえず、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。