日記: 8月26日(2011年)

 続・Two World 2。

 文句を言いつつも、なぜかやりたくなってしまう不思議な感覚で、任務続行中。操作にも慣れてきて、というか、システムに慣れてきて、その分楽しくなってきた。

 Oblivion系とはいいつつも、Oblivionほどには自由ではなくて、ある程度決まった道筋の上を歩かされる。始めからどこへでもいけるわけではなくて、メインシナリオに沿って行動範囲が広がっていくシステムだ。その過程で、メインシナリオではないサブシナリオも散りばめられていて、自由にこなすことが出来ると言う寸法。まぁ、正直このくらいのレールが用意されているほうが、ゲームをしながら呆然としないで済むので、元気がないときにだらだらプレイするにはちょうどいい、ってところだ。

 このゲームの面白さの1つは、たぶんキャラ育成&アイテム合成にあるんだと思う。キャラのスキル振り、武器の強化、ポーション作成、魔法合成などに、オリジナリティを発揮する余地が大いにあって、自分好みにキャラを改良していける。そのため、キャラクターとの一体感が生まれて、ゲーム体験が充実しやすい。

 しかし微妙な点も多い。1つはカメラワークだ。この手のゲームのパッド操作の常として、カメラが自動的に慣性をつけてキャラクターに追従するんだけど、カメラ位置が微妙に気に入らない。カメラ位置が低くて、キャラクターの後頭部が邪魔で敵や前方が見えない。カメラ操作で修正しても、少し移動するとすぐに邪魔な位置に補正されてしまって、非常にストレスになる。

 また、シナリオの和訳もおかしい。正直、何を言ってるんだかよくわからないレベルだ。「叔母を助けてくれ」(クエストで薬を届けて帰る)「薬を届けたぞ」「ありがとう、これは遺品だ」「残念なことをした」とか、なんの脈絡もなくいきなり人が死んだりしている。何が起きたのかまるでわからない。もうコメディとして受け入れることにしたけど、困ったものだ。

 ってことでTW2。特にオススメするほどのものではないけど、まぁ買ったら買ったで結構遊べるよ、ってことで。さぁ、誰かXbox360版でマルチプレイだ。

 以下はその様子をUstreamで垂れ流していたときの様子。長いだけで見るべきものはないので、雰囲気程度で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。