SWTOR: War Zone

 War Zoneに数回参加してみた。

 War Zone(以下WZ)というのは、キュー入れ参加型のスポーツPvPインスタンスで、古くはDAoCのBattle Ground、新しくはRIFTのWar Frontと同じものだ。

 SWTORのWZは現在3種類あるようで、そのすべてに一応1回は参加することができた。PvEサーバーである我がThe Harbingerサーバーで、しかも今のログイン制限状態でも、まぁ10分も待てば参加できるような状態だったと思う。稼動初期のものめずらしさもあるかもしれないけども、今のところは「遊びたければ遊べる」という環境ではあるようだ。

 WZで得られる経験値はなかなか多い。レベル11の段階で、次のレベルアップまでに必要な量の1/5から1/4くらいはもらえたようにみえた。負けていたのに、だ。金銭やトークン報酬も悪くなく、PvPクエストと併用すれば、下手をするとPvEよりも儲かりそうだった。あまりスポーツPvPで燃えない私でも、はじめの新鮮なうちは実利込みで楽しめるのかもしれないな。

 あと驚きだったのが、ドヤ顔で画像を掲載しているけど、Jedi GuardianはDPSがでるね。4戦してDPSは常に味方の中でトップクラスだった。ただ単に戦闘時間が長いだけ、または、今回運がよかっただけかもしれないけど、思ったよりは活躍できた感があってモチベーションに繋がったよ。

 最後に3つのWZの主観的な概要について述べておこうかな。

 Hutt Ball: ボールの奪い合い。ひたすら鬼ごっこ。小学生サッカーのような状況になる。ボールを持っている人は、味方にボールをパスできる。

 雪国: 3箇所の拠点の奪い合い。拠点数に応じてポイント。1番わかりやすく行軍の差が出る。Premadeで常勝しやすいのはコレのような気がする。

 攻防戦: 2ラウンド制。両軍が1回ずつ攻撃側と守備側になる。攻撃側が成功すればポイント。双方失敗、双方成功、の場合引き分け。一方成功、一方失敗なら決着がつく。戦場が限定されるのでガチンコ勝負になりがち

SWTOR: War Zone」への4件のフィードバック

  1. Necol

    こんちわ~
    後攻の制限時間は先攻が成功に費やした時間となるので、成功すれば勝ちだったかも!

    返信
  2. Nez/蝿

    なるほど! そうなのか!
    ツッコミありがとうございます。

    TwitterいわくSwift/Empireのようでご一緒する日は遠そうですが、
    また何かの際にはよろしくお願いします。

    返信
  3. Soul

    砲台の取り合いで味方艦と敵艦のHPが減っていくってのが面白かった
    他のゲームであるような玉をもってると加算されるとかより
    意味があるし見た目が面白い

    返信
  4. Nez/蝿

    ポイント減算式は確かに新鮮かも。
    視覚的にはもう少し、LeftとRightに差があるとよかったかな。
    自分がどっちにいるのか一瞬忘れる。MiniMapみて確認

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。