SWTOR: Open Worldの茶番劇

 レベル50になると、惑星IlumにあるOpen World PvPエリアを舞台としたデイリーミッションを受けることができるようになる。今回はこれに挑戦してきた。

 ついに、Open World PvPか! メインシナリオも終え、次の楽しみを模索することにした私は、ワクワクしながら武器を携えて惑星Ilumへと向かった。

 惑星Ilumの最前線に行くと、自動的にPvPフラグが立ち、拠点占拠ミッションが受理される。おお、それっぽいぞ。物騒になってきたきた。自軍基地に人影はなく、明らかに流行ってはいないような雰囲気ではあるものの、まずは戦場に出てみなければなるまい。

 私はスピーダーに乗り込み、最寄の拠点へと急行した。

 しかし、拠点に到着したものの、そこに至ってもなお敵の影は見えない。その時点での拠点の支配権は敵軍のものだったのだけど、敵の防衛戦力はないようだ。しめしめとばかりに無人の拠点で敵のウォーカーを破壊し、支配権を奪取。火事場泥棒のような襲撃はいとも簡単に成功した。

 これでデイリーミッションが1つヒットした。5回ヒットで報酬なので、あと4回だ。・・・これ、もしや4箇所無人の拠点を占拠すればOKなんじゃないだろうか。このままだとちょろいけどつまらんぞ。

 そんなことを考え、次の拠点へと向かうと、やはりそこは無人。襲撃もまたあっさり成功し、2ヒット目だ。やはりちょろい。うーむ。

 ところが、そこで最初に奪取した拠点が敵に奪い返されたというアナウンスが入った。む! 敵軍か! にわかに緊張が走る。

 敵軍がいるというならば、会いに行かねばなるまい。最初の拠点へと私は急行した。しかしそこはやはり無人。近くにいるはずの拠点を奪い返した敵軍の姿は、ついぞ見当たらなかった。おかしいな。別の拠点に向かったかな。

 で、また無人の基地を荒らして占拠。3ヒット目。

 移動する。すると、また拠点が奪い返された。いくらなんでも早すぎる。もしやこれは・・・。

 拠点に取って返すと、やはりそこは無人。占拠し返す。4ヒット目。

 今度は移動した振りをして、物陰に隠れて様子を伺うことにした。

 するとどこからともなく敵が現れて(おそらくステルスしているのだろう)、また基地を奪い返された。

 なるほどね。これはどうやら、交互に占拠しあう形に持ち込むことで、ポイントを稼ごうという行動らしい。うん、茶番だな。

 たった数人規模というOpen World PvPに来ている人数じゃ、楽しいPvPをするのは難しいし、Open World PvPを報酬のために利用するのも賢いのかもしれない。でも、なんだか興醒め感はぬぐえないなぁ。私がエンドコンテンツのひとつとして期待していたOpen World PvPは、少なくとも現時点ではほとんど娯楽として成立していないようだ。とほほ。

 最後に試しに、出てきた敵に襲い掛かってみたんだけども、「空気読めよな」とばかりにステルスで逃げられただけだった。反撃すらされない。殺してしまうとリフラグされないからだろう。うーむ、うーむ。

 時が満ちてないのかなぁ。

SWTOR: Open Worldの茶番劇」への2件のフィードバック

  1. ひっきー

    報酬はPvに関係した物も貰えるのでしょうか?
    敵もまだガチでPv出来る準備出来てないのかなw

    返信
  2. Nez/蝿

    報酬はPvP装備を買うための通貨ですね。
    PvPにしか影響しないステータスがあって、
    それが上がる装備はPvP装備にしかない、みたいな感じです。

    現状スタートダッシュ組みだけがそれをそろえていて、WarZoneでは
    その装備の有無が、レベル30と50の差よりも大きいように感じます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。