TSW: 打倒!Gatekeeper

 Eliteモードのダンジョン8種をついにすべてクリアし、Nightmareモードに挑めるぞ!

 ・・・と思ったら、なにやらその前にGatekeeperなる試練があるらしい。AgarthaのEliteダンジョンエリアとNightmareダンジョンエリアの間で待ち構えるNPC、その名もGatekeeperをソロで倒すことで、Nightmareに挑む力量があるとみなされる、という仕組みらしいのだ。

 ということで、とりあえず行ってみた。事前に聞いていた情報は、1)試練はTank、DPS、Healerの3種類から選べる。2)GT避け、Purge、Kiteが必要。3)わりかし大変。というだけ。まぁ、やってみればわかるだろう。いくぞー!

 勝てた。

 弱いわー。・・・っていうほど弱くはなかったけど、別にどうということもなかったかな。ちょっと運任せのテキトー戦法だったし、理解するまでに何度か死んだけど、まぁ勝てばよかろうなのだ。以下、勝つまでの経緯を記録しておく。

 【1戦目】 いつものソロビルド、ソロ装備で挑む。謎の瞬殺技で殺される。意味不明。

 【2戦目】 瞬殺技を見極めるべく挑む。技名「Too Late」。遅すぎ。DPSチェックでもはいっているのだろうか。

 【3戦目】 ダメージをあまり食らわないようなので、DPSビルド、DPS装備で挑む。「Too Late」が発動しなくなる。かわりに別の瞬殺技で死亡。キャスト→カウントダウン開始→爆発、という技。どうもこれがPurgeをすべき場面らしい。カウントダウンの敵BuffをPurgeで消せばOK、というもののようだ。

 【4戦目】 しかしPurgeスキルをほとんど持っていないので、Purgeではなく、その前にImpairedで詠唱ストップさせてやろうともくろむ。が、無理だった。

 【5戦目】 Purgeスキルを取るために下界に下りるのも面倒なので、手持ちのポイントで「攻撃に10%の確率でPurge効果が付く」というパッシブスキルを取って、賭けに出ることにする。キャスト開始から発動までに10回近く攻撃できるから、分の悪い賭けではないはずだ。で、2回Purge成功、3回目に失敗。これでKiteフェーズまでたどり着いた。時間的には3回成功すれば勝てそうだから、そのうちいけるだろう。

 【6戦目】 1回目でPurge失敗。ついてない。気にしない。

 【7戦目】 3回連続でPurge成功。めでたく勝利

 ってことで、結局たいした工夫もせずに、パッシブを1つだけ入れ替えたほかは、GTを避け、AddをKiteしながら、ただただDPSに熱中するだけで、あっさりと勝つことができた。前評判で「すごく難しいのでは」と思っていたんだけども、あんまり苦労せずに済んでよかったよかった。

 これでとりあえずNightmareの挑戦権を得ることはできた。とはいえ、この試練の意味はおそらく「NightmareではPurgeなどが重要であるぞ」という教育的なものだと思うので、その辺を考慮したビルドなども考えていかねばなるまいなぁ。そうするとまたAPを稼ぐ必要などもあるかもしれない。やることはまだ残っていそうでなによりだ。

 Cabalの仲間も続々とNightmare入りをしているようだし、あわてずあせらずがんばっていこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。