MWO: オープンβ開幕

 10/30日未明(現地時間29日正午)、およそ2週間遅れでMechwarrior Onlineのオープンβが開幕した。

 オープンβとはいいつつも、今後はワイプなし、課金アイテム消費あり、ということで、実質上の本リリースといみなしていいと思う。長らく見守ってきた勢としては、まずは喜んでおきたい。

 ってことで、とりあえず今朝の出発前に、記念に一戦だけ遊んできた。「うおおおおお、お、おれが1番最初に遊んだと言い張るぞおおお!!」というつまらない矜持のために。

 結果はスクリーンショットの通り。乗機はフルノーマルのカタパルトC1。長距離からのLRMと、アトラスの背後に隠れてのML発射というチキンプレイに徹して、戦果も大過もなく生存。全体の戦況はイーブン以下だったけども、味方が敵基地を奪取したことで無事勝利した。

 久しぶりのMWOだったけど、大きなところは8月とあまり変わってないかな。ただ、被撃墜や敗北のリスクが当時よりも増えたことで、戦い方がみな慎重になっているようだ。このゲームは普通のFPSのような、勢いと反射神経とでどうにかするものではないから、こういうじわじわとした展開でいいと思われる。

 機能的には、フェロファイバー装甲やダブルヒートシンク、センサーなどのモジュール、と追加された装備が多いことが目に付いた。まだ全然軍資金が足りないので、これらを導入できる日は遠そうだけど、目標が多いのはいいことだ。難を言えば、ビルドのテストルームのようなものがなさそうなのがつらいかな。装備品は購入前に仮組みをして、全体のバランスを確認したいのに。

 もっとメジャーなゲームなら、ユーザーがFlashかなにかでカリキュレーターを作って公開するかもしれないけど、MWOじゃぁなぁ。

 ともあれ、やっと開戦だ。しばらくいろいろなものと平行してチマチマとプレイしてみようと思うよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。