日記: 2月28日(2013年)

 平日の昼食はほとんど、コンビニでちょこっと買って食う、というつまらないチョイスで過ごしている私。別に食費をケチっているわけではなくて、職場の周囲に美味い飯屋でもあれば、高い金を出して食うのもやぶさかではないんだけども、職場の周囲には飲食店が少なく、どこももう飽きてしまったので、今やすっかりコンビニ商品で妥協する人になってしまっている。

 で、よく食うのが、はい、カップ麺です。安い、スープまで飲めば割と満足、ジャンクフードファックイエー! って感じ(わからんわ)で鉄板チョイスになっている。体に悪い? ぺっ!

 そんな私のカップ麺ローテーションは、ほとんど「緑のたぬき」と「カップヌードル」で構成されていたんだけども、そこに彗星のように現れ、今、ローテーションの一角を占めているのがこれだ。

 「本気盛 濃厚煮干し(東洋水産)」

 食ってみると、別に濃厚煮干しでもなんでもない、ただの塩ラーメン風カップラーメンなんだけども、これになぜかはまってしまっている。

 リアルな煮干しラーメンの味がする、というような味では全然ない。パッケージには美味そうなラーメンの写真が描かれているけど、そんな味は全くしない。でも、私にとっての「好きなジャンクフードの味」がするのだ。

 たとえばサッポロ一番が好きな人も、チャルメラが好きな人も、ぺヤングが好きな人も、スパ王が好きな人も、リアルなラーメンや焼きそばやパスタに近いから好きってわけじゃないと思う。独立した「その味」が好きなはずだ。これもそれと同じで、純粋にこのカップ麺の麺とスープの味が私の好みに近いのだ。

 難点は、カップの形状が悪いのか、乾麺の成型がダメなのか、規定のラインまで湯を注ぐと、麺が浮かび上がってきてしまい、麺の上辺の部分が湯に浸らないことだ。ようするに「ひたひた」になってしまう。なので、3分待っても、麺の上辺の部分は硬いまま残されてしまい、上手くほぐれもしない。これは致命的な大問題だ。私は「かため」と「やわらかめ」を、1杯で両方味わえるのもいいか、と開き直って食っているけどね。

 ともあれ、トータル的にはかなり気に入っているので、これをヘビロテしている今日この頃だ。企画ものっぽいから、すぐに店頭から姿を消すと思うけど、それまでは是非食べていこう。

日記: 2月28日(2013年)」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。