TESO: Wabbajackに転戦中

 このところAvAの舞台をWabbajackにしてみている。

 リリース以来、Cyrodiilのキャンペーンは、Auriel’s Bowをホームにして遊んでいたんだけども、Auriel’s Bowの戦況が、長いこと黄軍の圧倒的優勢のまま動かず、青軍も赤軍も萎えオチ状態で、ゲームにならなくなってしまったので、まともに機能している戦場を求めて、まずはゲストで移動してみた次第だ。

 移動先のWabbajackは、アジアタイムに限って言えば、赤軍が圧倒的優勢な戦場だった。だから移住したとしても「これ、赤が黄色になるだけで、Auriel’s Bowと同じ、ワンサイドな萎えオチ展開になるんじゃ・・・」と心配していたんだけども、しかし運よく、いくつかの要因でそうはならなかった。

 1つの要因は、Auriel’s Bowの黄軍ほどには、Wabbajackの赤軍は圧倒的な強さではなかったということが挙げられる。数は同じくらい多くいたんだけども、Auriel’s Bowの黄軍のような徹底的に勝ちにこだわってくるタイプの集団ではなくて、良くも悪くもエンジョイ勢が多いな、という手ごたえだった。青軍もやっぱりエンジョイ勢なので、比較的組しやすい。

 そしてもう1つの要因は、これはある意味誤算だし、ある意味面白くなりもしたんだけども、我々の移住と時を同じくして、Auriel’s Bowの黄軍の主力と思われる連中も、敵のいないAuriel’s Bowを捨てて、Wabbajackに移住してきたということがあった。個人的には、Auriel’s Bowの黄色、Bloodthornの青、Wabbajackの赤を「Zerg俺ツエエ勢」認定しているので、そのうちの2つがそろったことは、戦力バランスの面で大いに歓迎すべき事態だ。

 そんなわけで、Auriel’s Bowに比べれば、はるかにバランスのいい戦場で、AvAを楽しめている今日この頃だ。Wabbajackでも、やっぱりアジアタイムの青軍はいまいちと言うか、烏合の衆なんだけども(軸になるギルドがない)、そんな程よい逆境も、逆に面白さのスパイスになっている。ちょうどいい感じだ。

 なお、写真はWabbajack赤軍の知人を偶然轢き殺した時のもの。ウケケ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。