MWO: ちょっとだけ復帰

 平日夜に暇だったので、出来心でMWOを起動してみた。

 パッチが多すぎていつまでたっても起動し終わらない。

 あきらめて寝た。

 ・・・。

 週末。そういえば平日にパッチ当てたんだったな、と思い出す。パッチあても終わっていたので、チラ観でもしようと、軽い気持ちでプレイしてみた。

 その結果・・・。

  • UIが変わりすぎてて意味不明!
  • 自分のメックがどれなのかもわからん!
  • 混乱のうちに古い戦友にチームに誘われた!
  • よくわからないまま戦場に!
  • なにもできずに死ぬ!
  • マップが分からず敵を見ないで終わることも!
  • K/D Rateは0/10くらい!

 ・・・という物語だったのさ。メック戦士失格。

 1番変わったなと思ったのは、同時プレイ人数が増えたということかな。対戦規模が1チーム2個小隊から3個小隊に増えている。その影響で、ECMがある率が高いのと、正面火力が強烈なのが相まって、近距離旋回格闘戦や遠距離ミサイル戦よりも、ガチンコ中距離射撃戦がメインになっているように感じた。

 そんなメタのなかでは、私の愛機だった近距離格闘仕様のDragonは、いまひとつ居場所がなかった感じだ。腕前があれば別なのかもしれないけど、ほとんど操作をわすれている予備役にとっては、ほとんど何もできない機体だったよ。

 また、勢力戦のようなものが結局未実装だったのには若干失望した。単純なランダムマッチを繰り返すだけのゲームだ。モチベーションを維持させるような、ダイナミックなコンテンツが足りない。今プレイし続けている人は、本当に「戦い続けるだけで幸せ」というサイヤ人なんだろう。フリーザに秒殺されるナメック星人には苦しい惑星だった。

 そんなわけでMWO。この先、また精力的に遊びだすかというと、残念ながらそうはならなそうだけど(誘ってくれたみんな、フレンド登録してくれたみんな、すまんね!)、でもやっぱりこの世界観、雰囲気は最高だったよ。もう少し興奮できる要素があれば、と思わずにはいられない。

 オールシステムズ・ノーミナル。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。