TESO: コソ泥とAvA

 TESO復帰後2週間。だいぶ遊ぶ内容もルーチン化してきた。

 日課は以下のようなところだ。

  • MUST)ウマのエサやり
  • SHOULD)日次上限まで盗品故買
  • RECOMMENDED)スリ、ロックピックによるLegerdemainあげ
  • RECOMMENDED)AvAに参加

 要するに、ウマにエサをやったあとは、窃盗行為を行い、そして時間があえばAvAに参加する、という流れだ。

 地道な修行の成果として、窃盗行為のスキルであるところのLegerdemainは、Rank 12にまで上がった。この時点で、スリ成功率アップのパッシブスキルが3段階目にまで取得可能になり、だいぶ快適なスリ環境になった。

 Easy対象相手なら、3回連続で100%スリ取れる。3回スリ取って、概ね100-150gの儲け。暇な時の小銭稼ぎに、スキル上げにと、なかなか楽しい小技だ。

 あとは盗賊ギルド関連のクエストラインでもできるといいんだけどね。王様の寝室からパクってこい、みたいな。いつか追加されるといいな。そのころTESOを遊んでいるかは甚だあやしいけども。

 そしてAvA。

 パッチでバリスタやトレビュシェットといった、攻城兵器のプレイヤーキャラクターに対する威力が、大幅に引き上げられた。それによってCyrodiilの戦況は一変した風がある。訓練されている部隊であっても、攻城兵器が展開されている戦場に闇雲に突っ込めば、たちまち十字砲火を浴びて壊滅してしまうようになったのだ。

 機動力と奇襲による野戦重視だった我がギルドの中では、これはかなり評判が悪い変更のようだ。主にエンゲージする側である我々からすれば、ゲーム全体のポークとディスエンゲージが強化されると、得意の戦法が刺さりにくくなってしまうので、それも当然といえる。

 とはいえ、MMORPGのオープンワールドでのPvPでエンゲージが強すぎると、一部の連携の取れたチーム以外は楽しめなくなりそうだから、ノロノロワラワラと動く野良チームが、ある程度戦えるようにするのも悪くないかな、と思ったりもしている。

 だから、まぁ、私個人としては今の仕様もありかな、なんて思っているよ。

 ただ・・・じゃぁ今の状況が好きかというと、好きじゃぁないんだけどね。
 
 なぜかというと、1人でバリスタを2個も3個もカバンに入れて走り回れて、設置しようと思えば3秒で設置できるなんて、世界法則として美しくないでしょ。で、美しくないのに、それが強い、という理由で皆が行うなんて、気にいらないでしょ。だから嫌い。特にかわいくもないアイドルグループが、なぜかマスコミにちやほやされているのを見ると、イライラするのと同じ。

 美しくないものはせめて弱くあれ、と思う。美しくないものが強い、はゲーム全体の美しさを損ねる。あかん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。