日記: 1月12日(2016年)

 このサイトは前世紀のhtml黎明期に、私がその辺のサイトのソースを見て学んだ、まるで体系立っていない素人知識のみに基づいて制作されている。

 そのため今となっては、非常に技術的に拙いサイトになってしまっている。

 一応、現在はWordpressという、大変良くできたソフトウェアを使っているので、難しいところのほとんどは、勝手に今風のものにしてくれてはいる。でも、そこを少し自分風にアレンジするとなると、突然、技術レベルが前世紀の水準に戻ってしまう。例えばフォントの色やサイズを突発的に変えるときに、CSS的な修正ではなく、<font>タグを使ってしまったりする。ダサい。

 そういうものの代表として、特に常用しているのは、<img>タグによる写真の貼り付けだ。

 Wordpressの標準のメディアアップロード機能を使えば、面倒なことにはならないのだろうが、今のところ写真を貼る際にWorpressの機能を使ってはいない。わざわざ、FTPで写真をアップしたあとに、直に<img>タグを入力する、という昔ながらの方法で写真を貼っている。

 なぜこんな方法を続けているのかというと、Wordpressを使う前からの「ウェブに上げる画像の自分的なフォルダ管理方法」を維持するためだ。MovableType時代や、それ以前からの秩序を乱したくなかった。

 そのため、貼り付けられた画像に付与されている機能は、私の技術レベルに依存してしまっているのだが…。

 そこに今回、少々、ほんの少しだけがんばって、今風の機能を追加してみた!

 画像を貼り付けるときに、レシポンシブにサイズが変わるようにしたのだ。

 ・・・はい。長々と勿体つけるような話ではなかったですね。レスポンシブデザインなんぞは、世間的にはもう熟れきった技術かもしれない。話題にするほどのことではないかもしれない。

 でも、自分的には今覚えたばかり! 今こそ取り上げたい新技術なのだ! ブラウザの横幅をグリグリ動かすと、画像のサイズがある時を境に変わる! すごい! うほー!

 今までは、「ウェブで見ると回りこみテキストの領域が窮屈」「スマホで見るとデバイスによって100%にみえたり、1、2行だけ回りこんだりする」と、見栄えが悪いことが多かったんだけども、これで多少改善したんじゃないかな!

 めでたしめでたし。

 #とりあえず1/3、1/9の投稿の写真をそうしてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。