日記: 5月14日(2016年)

 Far Cry 4、完!

 晴れて終了です。ほぼやりつくしてしまった。

 先日のメインシナリオクリアー後もプレイし続けた結果、写真のとおり収集物を拾いつくし、乗り物も乗りつくし、サブミッションも2種類を除いてこなしきり、武器も1種類を除いて集めきった。もはや、ここでやることはない、というところまできてしまった。

 ちなみに、上記のこなしていない2種類のミッションや1種類の武器は、全て「特殊状況に置かれる」系のミッションやその報酬になる。自分で揃えた武器を剥奪され、アリーナや、異世界に飛ばされての、アクションゲームミッションだ。

 正直、これらは面白くない、というか、私の趣味ではないモードなので、ばっさりと捨てることにした。このモードに時間を割くくらいなら、LoLで遊ぶ。

 さて、全て終わってみてのFar Cry 4全体の感想は、「まぁまぁ面白いが、ボリュームが少ない」というところかな。

 自分としては比較対象は、Fallout 4やGTA 5になるんだけども、そのいずれと比べてもボリュームが全く及んでいないと感じられた。純粋なコンテンツ量としてのボリュームもそうだし、ミッションのバリエーションという意味でも、世界観の深さという意味でも、物足りないものだった。開発費用や開発期間が1ケタ違うのでは、と思えてしまうほどにFallout 4やGTA 5のレベルに及んでいない。

 とはいえ、ゲームとして面白い部類だったとは思う。特に戦闘は、Fallout 4やGTA 5よりも動きが軽快で、小気味よかった。キーレスポンスがよく、なおかつ難しすぎない(敵がおバカ)ので、気分よく英雄的な戦闘を満喫できる。

 しかし、だからこそ、もっと多く、もっと多彩なミッションと、もっと重厚かつ広大なフィールドとで、もっと長くゲーム世界を満喫させて欲しかった、と思えてならない。

 1年後の価格で買った、ということも踏まえても、トータル的に60点というところかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。