日記: 5月7日(2017年)

 最近ブログにて「日記」をあまり更新していない。更新はゲーム日記ばかりだ。

 普通の「日記」を更新しにくい一因は、やっぱりTwitterのせいだろうな、と思う。

 そもそもウェブ日記のようなコンテンツは、よほど言及したいことがあるときを除けば、無理やり小さなネタを探し出して、それを広げることで成立させているようなところがある。土台不自然なものなのだ。

 なぜそのようなことをしてまで、人はウェブ日記を書くのかといえば、1つには「ぼくをみて!ぼくのはなしをきいて!」という自己顕示欲を満たすためであり、1つにはその時々を記録しておくことで、あとで振り返る楽しみを得るためだろう。普通の日記(個人が個人的に紙の冊子に書くようなもの)というものは、一般的に後者のためにあると思うんだけど、ウェブ日記というものは(特に長続きしないようなものは)むしろ前者のためといってもいい。

 そして私の場合はその両方を重視している。最初は前者が主だったが、日記が長く続くにしたがって後者の比重も大きくなっていった。

 しかしこの前者、自己顕示欲的な表現の目的については、今やTwitterがほとんど代替してしまっている。たまに(たまか?)Twitterで益体もないないことをつぶやけば、孤独感は薄れ、自己顕示欲も満たされる。私が満たしたい自己顕示欲はその程度だ。

 で、それで動機の半分がなくなることで、ブログでの表現頻度が減っているのだ。

 しかし、Twitterは上述したうちの後者の「記録性」という部分が薄い。過去ログを参照できないわけではないけど、整理されておらず、一覧性が低いので、読み物としてあとで振り返るには向かない。私見の表出の場としては、そもそも内容が薄いということもある。

 なので、たまにはこちらでも述べねばなぁ。・・・と「一応思ってはいる」私なのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。