日記: 9月26日(2017年)

 このひと月ほど風邪気味だ。

 ほとんど常にのどに何らかの違和感があって、すごく痛いというほどではないけど、飲み込むときに違和感を感じたり、炎症が悪化しだすとのどを触るとしこりがあったりする。のどが乾燥しているように感じられて、咳が出る日もある。その影響からか、くしゃみ、鼻水のような風の諸症状を併発することもあるし、頭がぼーっとすることもある。そうかと思うとこれらの症状がすっとなくなることもあるんだけど、半日から1日もたつと、またなにかの症状を微かに感じるようになる。そんなことがかれこれ1か月続いている。

 原因はよくわからないけど、ひとつには職場の空調から直撃を受け続けていることが原因のような気がする。そこでついにワタクシも一念発起しまして、天井の吹き出し口をガムテープでふさいで風量を激減させて様子を見ることにした。なお、基本的に空調過多の職場なので、吹き出し口の1つがふさがるくらいでは文句は出ないのでご安心あれ。

 対処療法としては、ウェブで調べて評判の良かったのどの痛み用の服用薬、ペラックT錠を試してみることにした。今のところ「少し炎症が引いたかな」という程度の感想で、いままでの「日ごとの症状の揺らぎが良いほうに傾いている状態」の域を出ないところまでにしか到達できていないという結果ではあるけど、服用していなかったらもっときつい症状になっていたのかもしれない、とセルフプラシーボ暗示をかけて、しばらく服用をしてみようと思っている。

 これらの対処で、なんとか完治するといいけど。

日記: 9月26日(2017年)」への2件のフィードバック

  1. Awayuki

    喘息持ちの私には余裕!
    マジで酷い空調とかあとタバコの副流煙とか勘弁してください。
    死んじゃいます。
    まあここまで酷いと家庭用の吸入器とか持っていたりする。
    鼻吸入とか気持ちいいですよ。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。