旅飯ハワイ18: Star of Honolulu号の朝食

 3日目の朝は、Star of Honolulu号というクルーズ船の、アーリーバードホエールウォッチング&ブレックファストというツアーの過程で取った。

 朝もはよから送迎バスに揺られてたどり着いたのは、昨日も立ち寄ったアロハタワーのある港。さびれていたところ。またここか。

 そこからStar of Honolulu号に乗って、朝食をとりながら出港。そのあとは甲板なり船室なりを自由に移動して、クルーズを楽しみつつ、あわよくばクジラを目撃しよう、という趣旨のツアーに参加した。クジラがみられる12月~3月くらいの雨期の期間しか運航していないらしいから、ハワイ訪問にわざわざ雨期を選ぶという酔狂な真似に、意味を見出すにはもってこいのツアーだ。

 さて、その食事である。

 ビュッフェ形式だったので、そこで供されたものを公式サイトの内容を転記して書いてみよう。

  • ホットアイテム
  • スクランブルエッグ
  • ソーセージ
  • ライス
  • 各種のフルーツ
  • マウイゴールドパイナップル
  • サンキスト®オレンジ
  • 季節のフレッシュフルーツ
  • ベーカリーバスケット
  • マフィンとエルビンズベーカリー®製ポイロール
  • スウィートバターとジャム
  • シリアルとミルク
  • 飲み物ステーション
  • ハワイアンパラダイスコーヒー®特製 煎れたてのスターカスタム コナブレンドコーヒー
  • 紅茶またはオレンジジュース

 実際、ほぼこのままの通りのラインナップだった。

 そんなに豪華ではないけど、値段もそれほどではなかった(13ドル)のでこんなものだろう。

 私はもう、スクランブルエッグとソーセージばかりを食いまくった。フルーツとか食ってる場合じゃねえ! タンパク質をよこせ! タンパク質を!

 ということで写真のような彩りのない皿を構築したんだけども、スクランブルエッグもソーセージも、両方普通においしくて、大変満足した。あとはハッシュドポテトがあれば完ぺきだったんだけどなぁ。

 スクランブルエッグは、ホテルのとろとろした感じのものではなくて、少ししっかり目の炒り卵っぽいもの。ソーセージはマクドナルドの朝メニューのソーセージに似た味で、周りに少し甘いシロップのような味がついている、変わったものだった。どちらも美味しかったけど、ソーセージに関して言えば、欧米人のしょっぱいメニューに甘いソースを合わせるセンスは、いまだに理解できない。まずくはないけど、必要だとも思わないんだよなぁ。カロリーの蛇足感ある。

 ともあれ、そんな朝食だった。悪くない、というか、好きなものだけ食べられて、個人的には十分よかったよ。

 ツアー自体に関しても、予約をした段階では、朝から船に乗る酔狂な人間がそんなにいるものか、ガラガラなのではないだろうか、と思っていたけど、参加してみれば船室はほぼほぼ満席。案外人気があるツアーのようだった。

 そして食後はひたすら遊覧航行を楽しんだ。

 天気はあいにくの曇り空だったし、結果からするとクジラを見ることもできなかったんだけど、海から見るワイキキの眺めや、甲板で浴びる海風など、非日常感があって大いに楽しむことができた。

 Star of Honolulu号のクルーズは、今回参加した朝食プランだけじゃなくて、ランチプラン、ディナープランもあるみたいだけど、朝食プランはコスパがいいので、割とオススメな気がする。朝の空気は気持ちいいし、仮に外したとしても、損が少ないからダメもとで挑めるしね。

ビュッフェの卵とソーセージ

Star of Honolulu号

船内の朝食の様子

甲板からワイキキとダイヤモンドヘッドを望む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。