GRB: レベル30になった

 前回以降、メインミッションを全然進めないままに、キャラレベルだけが最大値の30になってしまった。

 それでわかったことは、このゲームの場合キャラレベルそのものは、あまり意味はないな、ということだった。

 レベルの上昇そのものではなく、レベルが上がるたびにもらえるスキルポイントにのみ意味があった。そのポイントを消費して、はじめてキャラの性能を上げることができる。

 そしてスキルポイントを入手する方法は、レベルアップだけではないので、極論すればレベルを1つも上げなくても、キャラは最強にできるような仕様だった(実際にはほとんどの行動で自動的に経験値が入ってしまうから、レベルアップをせずにレベルアップ以外のスキルポイント入手方法だけを実践するのは、ほぼ不可能だろうけれど)。

 ともあれ、ひとつの区切りではある。これで少なくとも、ビバークで得られるバフを「経験値アップ」ではなく、「負傷耐性アップ」のようなキャラ性能に寄せたものにはできるだろう。

 1つのエンターテインメントが終わったわけだ。

 ついでなので、この時点でのほかの成長要素についても記録しておこう。

 ギアスコアは190ほどになった。上限がいくつなのかよくわからないけど、200は超えるらしいので300あたりだろうか。上げれば上げるだけ敵も強くなるようなので、ギアスコアが固定値(以上)とされている敵を相手にするとき以外には、あまり意味がない要素でもある。働けど働けど我が暮らし楽にならず、の感だ。

 まぁ、「勝てない敵がいる怖い地域」が減ったという点は、世界を旅する上で気楽になったかな。

 クラスランクは、パンサー、メディック、アサルト、の順で10まで上げきり、今はスナイパーを上げる段階になっている。クラスランクを上げる過程で、敵の倒し方を指定されたりするのは、プレイスタイルが単調にならずに済んで、面倒くさくもあり、面白くもあった。

 ただ、そんな風にしてランクを上げたクラスの、それぞれの特徴が案外薄かったのが残念かもしれない。今の仕様だと、どのクラスでも同じ装備、同じPerkを装備することになりかねない。スキルツリーそのものが、クラスごとに違っている設定のほうがよかったんじゃないかなぁ、と思う。

 ってことで、だいぶキャラクターの成長だけは終盤めいてきたブレイクポイント。ミッションの進行をせずに、成長要素を楽しむ段階はそろそろ終わりになってきているようだ。

 ふむ、そろそろストーリーを進めなければならないな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。