GRB: 乗り物紹介「Opheis Mk II」

 メインミッションをクリアしたものの、まだまだ大量のサブミッションや、未取得の設計図、情報データが残っているゴーストリコン・ブレイクポイント。

 そんなブレイクポイントで、気に入っている乗り物をいくつか紹介したい。

 今回紹介するのは、ヘリコプターの「Opheis Mk II」だ。

 いくつかあるヘリコプターの中でも、このヘリコプターは有用度が高い。その理由はずばり、武装が「誘導ミサイル」だからだ。

 そのおかげで、まず空戦に強い。誘導ミサイルなので、ヘリコプターから飛行ドローン、さらにはアズラエルドローン(偵察飛行機)まで、地上からではエイムしにくい空の相手を、簡単にぽこぽこと撃墜していける。七面鳥撃ち状態。制空権はこちらのものだ。

 また地上のドローン相手もお手の物。基地制圧時に面倒くさい相手となる、小型戦車タイプのドローンなども、相手の射程外から安全かつ一方的に叩くことができる。

 そしてもちろん一般兵もガシガシ倒していける。上空からミサイルを無誘導で発射すれば、爆風に巻き込むだけで、バタバタと敵兵は倒れていく。相手の反撃は届かない。人がゴミのようだ。ふはは。

 そんなOpheis Mk IIを使った基地制圧は、ブレイクポイント本来の生身の侵入作戦とは違った、豪快なごり押し感、万能感、無敵感を味わうことができるので、通常のプレイに飽きた向きには非常にお勧め。

 溜まったお金で乗り物を買うなら、まずはOpheis Mk IIだ。

 なお、そんなOpheis Mk IIにも苦手なシーンはある。

 まず対空ミサイル砲塔が一応邪魔となる。ただ、これは一応厄介ではあるものの、実はそんなに致命的ではない。今作の対空ミサイル砲塔は前作に比べると反応範囲が異常に狭い。なので、対空砲塔のある場所さえわかっていれば、先制攻撃でつぶすことができる。

 通常、空爆時に最も気を付けなければならないのは、相手の狙撃手だ。油断していると、狙撃手は的確にヘリに命中弾を当ててきて、ヘリにダメージを与えるとともに、操縦しているプレイヤーキャラクターにもダメージを負わせてくる。狙撃手を発見したら、いったん遠くまで下がり、慎重に射程外から爆撃して排除するのがセオリーだ。近くに着陸して、ドローンを回して、狙撃手の位置を把握してから空爆を開始するという、豪快なのか緻密なのかよくわからないプレイが盤石だったりもする。

 そしてOpheis Mk IIの最大の天敵はベヒモスになる。基本的に無敵なOpheis Mk IIも、ベヒモスには勝てない。ベヒモスと普通に陸戦をしているときには気がつかなかったのだけど、ベヒモスには強力な対空ミサイルが搭載されているらしく、ベヒモスにヘリコプターで挑むと、ほぼ確実に対空ミサイルによって撃墜されてしまうのだ。Opheis Mk IIはベヒモス戦以外で運用しよう。

GRB: 乗り物紹介「Opheis Mk II」」への2件のフィードバック

  1. 匿名

    こんにちは
    以前は、乗り物の説明欄でロケットランチャー2基で、実際はミサイルでしたが、
    アップデートで弱体化して武装が乗り物の説明欄通りになった為、
    Opheis Mk.IIがOpheisよりも弱くなってます。

    返信
    1. Nez/蝿 投稿作成者

      確認しました。

      なるほど、1と2の違いが判ってなかったですが、もともと1はミサイル、2はロケランだったのか…。

      しかし、案外このロケランが馬鹿にならない性能で、あとは連射が効くぶんミサイルより便利まである感じでした。ミサイルのホーミングが助かる対ムルムル戦が厄介なくらいかな。対地掃討性能は高かった!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。