MW5M: フリーランサー

 【ここまでの傭兵部隊】

 自機: Centurion CN9-A
 所有メック: 軽量級3、中量級1
 メック戦士: 4

 【あらすじ】

 Spearsからの依頼も無事終え、いよいよ生きていくために自分で進路を決め、依頼を探し、達成していく段階に入った。敷かれたレールの上を走るのは終わりだ。自分の道を切り開かなければ。

 父を襲った連中のことも気になるが、そういった調査はRyanaやSpearsに任せて、私は責任をもって部隊を食わせていくことを考えよう。本当の意味での、傭兵部隊の運営が始まるのだ。

 スターマップを見てみると、父の部隊の拠点のあったde Berry星系を含むこの紛争地帯は、恒星連邦領内のドラコ連合国境付近にあったようだ。しばらくは遠出をする資金もないし、結局この紛争地帯で仕事を探し続けることになるだろう。

 5大家にはにらまれたくないから、できれば海賊山賊の類を相手にする仕事が望ましいのだが、この国境至近のエリアでは、恒星連邦とドラコ連合の諍いも避けては通れないだろうな・・・。

 やっと自由にジャンプシップを動かして、宇宙狭しと飛び回ることができるようになった。

 とはいえ、最初のうちはお金もないし、メックも弱いから、しばらくは近場の限られた範囲で仕事をこなしていくことになりそうだ。宇宙が広くても、飛べる範囲は狭い。まだまだひよっこなのだ。

 メインミッションは「評判を上げろ」となっている。

 このゲームの基本進行は、今のような「フリーの傭兵活動モード」と、一定の評判になると舞い込んでくる「メインシナリオモード」とを、交互にこなしていくというシステムのようだ。評判を上げれば、それがトリガーになって、シナリオが進んでいくに違いない。

 1つ、現段階でこのゲームのよくないところが見えてきている。

 それは「敵機が突然湧く」ということだ。

 敵機が限られた数、あらかじめマップに配置されているというよりも、マップ内の一定の範囲に踏み込むと、決まった位置に敵機が出現する、というような設定が多用されている。この処理はあまりにもゲーム的に過ぎ、非現実的な戦況になり、少々興ざめする。それも、理不尽に背後をとられたり、いきなり囲まれていたりするので、なおさらだ。

 さらに悪いことに、脱出するまで敵機が無限に湧く、というようなシーンまで多々ある。うーん、そんな物量をポンポン投入できる世界観じゃないだろうに・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。