MW5M: 最初の一撃

 【これまでの傭兵部隊】
 
 自機: Quickdraw QKD-4H
 最大ランス構成: 225 t
 メック戦士: 5

 【あらすじ】

 難民にまつわるマーリック家とリャオ家との争いは、ひとまずケリが付いた。その後は、できるだけ5大家のいさかいには手を出さないようにして、ダヴィオン家の恒星連邦領内で海賊退治のような仕事をこなし、地力の増強に努めていた。 

 そんな中、Spearsから吉報が届いた。Spearsの調査が実を結び、Black Infernoの活動の一端をつかんだというのだ。奴らが民間から接収し、我が物とした製油所の位置を把握したらしい。我々は現場に急行し、激しい戦いを経て、製油所を壊滅させ、やってきたBlack Infernoの部隊を駆逐することに成功した。

 ついに奴らに一撃を与えてやったぞ。

 ゆっくり進めているけど、ここへきてだいぶ難易度が上がってきた。同じトン数でも、強いメック、弱いメックはあるようで、ちゃんと強いメックを、強さを活かして運用しないと、クリア時の損害がだいぶ違ってくるし、場合によってはクリアそのものが難しくなるようになってきた。

 今回のこの製油所のメインミッションは、実は1回失敗した。趣味&テキトーに選んだ部隊では勝てなかったのだ。初のミッション失敗だったよ。

 特に考えなければならないのは、AIの機体のような気がする。自分に機体であれば、まぁある程度はどんな機体でも使い方次第で戦えるんだけど、AIは良いところと悪いところがあるので、その辺のAIの特性を見極めないと駄目な気がしてきた。そしてAIが崩れると、戦力差で自分も崩れる。まだ何がいいのかまではわからないんだけどね。

 とりあえずは「よく折れる腕がメインウェポンな機体は避ける」「突出して狙われない」「アウトレンジで損害なく殴る」あたりが簡単だ。それと「いいメック戦士を揃える」もそろそろ考えていこうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。