CHV2: セカンドインプレッション

 2日目もプレイ。

 かれこれ10戦くらいしただろうか。さらに見えてきたことなどがあるので、語っておく。

 まずは前回の誤った認識の訂正。マップの数は3つくらいだと思っていたけど、それより全然多かった。初日に入ったサーバーのローテーション数が少なかったのかもしれない。

 2日目のプレイを経て、オブジェクト戦が3つ4つあって、チーデスも2つくらいある感じだとわかった。これだけあるとローテーションが1巡するのに結構な時間がかかってマンネリ化はしにくい。この辺は、初期マップが少なかったMordhauよりも優れているな。

 そのほかの評価は、前回述べた部分はそのまま変わっていない。今回は、ほかの要素を追加でいくつか述べたい。

 まずオンラインゲームとしての実装。これがダメ。本当にダメ。挙げればきりがないけど、例えば、フレンドとパーティーを組む、という初歩的な部分から不安定。フレンドのいるサーバーに参加する、とかいう機能もないし、そもそもフレンドのオンライン/オフライン判定すら信用できない。10年前の水準以下。敵を倒すより、友人とパーティーを組むほうが苦戦する。本番までに安定化してほしい。

 メニュー画面も少々不親切。クラスや能力を見たり、ロードアウトを決めたりということを、メニュー画面でさせてほしい。これらがゲーム内の戦闘中にしかできないのは、時間的に厳しい。こういうことは落ち着いてしたい。サブクラスの情報に関しては、それをアンロックしてからでしか見られないというのも、かなり不親切。最初になにからアンロックしようか、というような育成計画を立てることができない。

 ゲームに関しては、各マップの開始直後の状況がよくない。ゲーム開始直後のクラス変更ができないようで、強制的に1つ前の試合で使っていたクラスにさせられる。また、マップによっては開始前の待機中に視点が変な方向に向けられたりもする。

 ってなわけで、どうも2日目のプレイでは1日目に気が付かなかったマイナス面が増えた。

 一応フォローすれば、挙げた点以外はMordhauに肉薄するくらいには楽しい。写真は自慢映像だけど、Mordhauの経験を活かせば、強そうな武器で強そうな行動をとると、成績もかなり上位に食い込める。まぁ私は例によってあまのじゃくなので、強い行動をとれないロードアウトで頑張るほうが好きなんだけども。とにかく、しようと思えばそこそこ活躍できるので、今は楽しい。

 しかしこれで、製品版をどうするかっていうと、2日目にしてはやくも「ちょっと微妙かなぁ」という方向にブレ始めてしまった。

 それなりに面白いは面白いんだけど、ベータでやり込んだらそれで満足しそうというか、いまいちモチベーションを保つものがないんだよな。そこそこ勝てる今のうちが華っていう気がしている。

 Mordhauも状況は同じだったけど、少なくともMordhauには「自分だけのビルド」「自分だけのオシャレ」を追求するというモチベーションがあった。Chivalry 2にはそういう要素が少ない。モチベーションになるのは、すぐに終わりそうなサブクラスや武器のアンロックしかない。長続きしない未来が見える。

 うーぬ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。