DDO: モラトリアム

 ヘッドスタートも終わったことだし、製品版が届くまでオアズケだなー…と思っていたら、普通に正式スタート後もプレイできた。どうも、製品版への引継ぎ期限までは、ヘッドスタートのアカウントキーでプレイを続行できるらしい。うへへへ、これで今週末も遊べるというわけだ。

 しかし、せっかくプレイできるんだけど、実はあんまり先に進める気がしていない。

 多分大丈夫だとは思うけど、予約した輸入販売店からの到着が3/5の引継ぎ期限に間に合うかわからないし、ある程度一緒にプレイしたい後発の友人がいたりもするから、今のキャラを育てるのを躊躇してしまうのだ。消えるかもしれないキャラで先を見すぎたり、これ以上愛着を持ったりするのが怖い。

 そんなわけなので、FighterのNez君を投げ出して、他のクラスをいくつかやってみることにした。

 Rogue。潜入活動のプロ。暗殺プレイも楽しい。でも、多対一だけは勘弁な。ガンダムで言うとカイ。

 Cleric。穴がない。まごうことなき主力。でも主役じゃないなぁ。エフェクト派手だけど、地味だ。ガンダムで言うとブライト。

 Ranger。Fighter以下の白兵戦能力に、Rogue以下の隠密性を兼ね備えた、射手。Lv2からが本番。ガンダムで言うとシャア。

 ちなみにFighterがアムロとして算定。

 うー、やばい! どれも楽しいな。本番はなにをメインにしていこうか、迷う~。


—追記

 勘違いしてた。別に3/5までにアカウントキーいれなくても、プレイできないだけでキャラ情報は保管されるようだ。ってことは、よほど遅れない限り、キャラ消去の可能性はないわけか。よかったよかった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。