DDO: EW06「再会」

 ヘッドスタートではない、普通の製品版が、ようやく日本に出回り始めた。

 つーことで、製品版を手に入れたとの連絡があった友人のPericさん(通称船長)と、早速ゲーム内でコンタクトを取り、波止場の酒場で待ち合わせをすることにした。船長が初心者島でのチュートリアルを終え、Stormreachの酒場に現れるまで、待つこと数十分。ようやく現れた船長と、2年前のEQJE以来の再会をついに果たしたのだった!


 現れた船長は、Halfling/Cleric。私も新キャラのHalfling/Rangerで、ちびっ子コンビだ。酒場でおもむろにブレイクダンスをしたりして、しばし再会を喜ぶ。

 よし、早速酒場クエストでもやるしか!

 と、勇んで出陣を図ったんだけど、酒場クエストはまだチュートリアルの一環ということもあってか、ソロ限定のクエストだった。しかも折り悪く、チャットサーバーが崩壊してしまったらしく、パーティーチャットが使用できない。

 こりゃしゃーないな。ってことで、単身ソロクエストに向かう船長を見送り、その完遂をまた待つことにした。

 十数分後。

 上手いこと酒場クエストを完遂させた船長とともに、今度こそ行動を共にするべく、波止場の3クエスト(dagger、scroll、elixer)を行うことにした。

 私はこれらのクエストはやったことがあるので、基本的には船長の選択と先導を尊重して、ついて行くだけのチアボーイになることにする。

 船長が選択したのは、elixerのクエスト。クエストゾーンにはいると、船長は恐ろしく慎重なプレイスタイルを発揮した。

 どうやら、ソロクエストでの予想外の苦戦で学んだ、「先に見つけてcross bow」作戦がお気に入りのようだ。全行程をStealthモードで踏破する気合の入れっぷり。Clericの船長としては、重鎧を入手し次第、事実上不可能な作戦とも言える。今だけの楽しみだ。

 なのだけど、悲しいかなelixerクエストでは、トリガーポップの蜘蛛が多い。トリガーポップのせいか、はたまた単に蜘蛛の察知能力が高いのか、ことごとく発見されるStealth軍団。とはいえ、蜘蛛自体がHP1桁程度の雑魚なので、発見されてもこれと言って問題はなく、ズバズバとたたきつぶして進んでいくことができた。

 やがて、クエストもゴールに達し、無事、報酬を受け取ることができた船長。報酬に念願の金属鎧、scale mailを手に入れて、非常にうれしそうだ。早速着てみて、着てみて、ということで、装着しての姿をお披露目。

 …ナニその肩…JOJO風?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。