日記: 6月23日 (2006年)

 ちゅーことで、最後のブラジル戦の完敗にて、ワールドカップ日本代表の1次リーグ敗退が確定しました。初戦で負けた段階で、殆ど確定だったみたいだけどね。

 私は「日本人なら・・・」とか、「日本人は・・・」というような国民意識があまり好きではなく、戦前の軍部のような国粋主義などは、嫌悪の対象ですらあるんだけど、こういった健全なナショナリズムを刺激してくれる催しでは、俄然熱心な日本ファンになってしまう。WBCしかり、WCしかり。日本大好き。

 だから1次リーグ3戦とも、TVの前でしっかり応援したし、だからこそ今ひとつに思えた戦術やらなにやらについても、思うところは皆さん同様多々ある。でも、そのあたりについては、それこそ数百万、数千万の素人監督がすでに各所で批評していることだろうから、いまさら私が言うことは特にないかな。「現体制下での」実力は、十分発揮しきっていたとも思うしね。

 少なくとも、スポーツ観戦にあまり興味も熱意もない私に、ナショナリズムというエサを使ってはいるものの、興味と熱意を抱かしめてくれたこと、そして、それによって心地よい興奮と、良しにつけ悪しにつけ感情の起伏を与えてくれたことで、日本代表には大変感謝しているよ。

 こんなことを言うと、決まって「ここでブーイングをしないからサッカー後進国なのだ。日本代表のためを思うならば、感謝や激励ではなく、ブーイングをすべきだ」なーんていう人がいるんだろうけどね。そういう「愛国心の形の画一化」をこそ、歪んだナショナリズムと言うのだ、と私は思うのであった。

 私が国や国の代表に向ける感情は、私自身が決める。当たり前。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。