VG: 続・ローグ入門

 あんなにだらだらと書いたのに、昨日のパッチですべてが変わってしまった。トホホー。

 ま、あれはあれで歴史的資料として後世に残しておくとしよう。その上で、以下に今回の変更の雑感を述べる。

 大筋では、強化された、と言っていい。


 ・Stalk系(Stalk/Smoke Bomb)

 エラい隠密性能が向上して、対等レベル以下の相手にはまずバレなくなった。厳しいシーンでは、相変わらずの即バレだけど、小グループで挑む「低レベル高ドット」のような相手には、ほぼ完璧なステルス能力を手に入れた。そんなときの偵察やCRでは、かなり有用。

 ・バックスタブ系(Backstab/Ravage/Shank/Shiv)

 前述の3系列のほかに、Shiv系列が追加された。Shiv系列は、Shank系列からつながるChain型のバックスタブである。ちなみに、Rogueには今まで(少なくともLv20までは)ChainもCounterもなかった。ひどいアタッカーもあったもんである。

 この結果、Ravage>Backstab>(何かがクリティカル)>Shank>Shivという攻撃が展開できるようになった。純粋に攻撃力が向上したといえる。

 またRavageやShankの攻撃力が上がったような気がするけど・・・気のせいかな。

 ・DoT系(Lacerate/Hemorrhage/Impale)

 ShankからShivにつなげられるようになったように、Hemorrhageから新系列のImpale系につなげられるようになった。DoTは3つ重なるので、Lacerate(クリティカル)>Hemorrhage>Impaleとつなぐと、すさまじい勢いでDoTダメージが入る。

 Finishingのチャンスでは、Shank優先であまり使っていなかったHemorrhageだけど、固い敵相手にはかなり使いやすくなった印象だ。

 ・その他の追加

 Snareが追加された。逃げる敵の脅威がEQに比べて低いとはいえ、逃げられるスリルの大きなこのゲームでは、案外大きいかもしれない。ただ、VGだとSnareを入れてもゆーーーっくりとだけど逃げていく野で過信は禁物。モーションがキックなのが気に入った。

 Counterが追加された。Parry後に使う、と書いてある。やってられぬわ!

 強化の影響で、少しヘイトをとりやすくなった。いつもの勢いでやっていると、しばしばこっちを向かれるので、今まで以上にDetaunt(Drub系)を使う必要がありそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。