日記: 3月29日 (2007年)

 2月に引き続き、今月も全く日記を更新してない蝿です、こんばんは。

 去年の8月5日の事故以来、長期戦の構えで進めてきた事故の賠償交渉にやっと決着がつき、私の口座に入金がなされた。

 相手方の自賠責から: 48,000円
 相手方の任意から: 58,000円

 任意についていえば、半年以上がんばってたったの6万円。結局過失割合は、7.5:2.5という判断がなされたので、全く苦労に見合わない報酬となってしまった。でもまぁ私としては、お金はもうどうでもいい気分で、もっと欲しい、とかそういう金銭的欲求はない。ただ、正直この過失割合には、全然納得がいっていない。
 
 明らかにオーバースピードで私を殺しかけておきながら、事実に反する物語をこれでもかと捏造されたうえに、半年粘ってもその反証を為しえなかったのが無念でならない。正義が負けた。相手は奥さんが同乗していて、証言が2人分の価値を持っていたから強かったんだよなぁ。間に入った第三者機関のお爺さんが、いかにも「バイク=悪の飛ばし屋」というイメージを持っていそうだったし。くそー。

 思い出すと悔しいので忘れよう。

 一方で、自賠責からは思いのほか多額のお金をもらえて嬉しかった。

 人身事故扱いにしなかった今回の件では、自賠責を適用してもらうために本当に苦労をした。事故の様子のレポートだの、医師の診断書だの、印鑑証明だの、なんだのかんだのといった、大量の書類を何度も要求され、そのたびに不親切な保険屋が「これに記入してください」と丸投げしてくる空欄の必要書類を、「そんなんでわかるか、説明しろ」と突っ返したりもしながら、やっとこぎつけた自賠責。やってる途中で「こんなんするくらいなら、もう自賠責いらねーよ」と投げ出しそうにもなったけど、一応頑張った甲斐を感じられるだけのお小遣いはもらえたから、嬉しいというか一安心だ。苦労が報われた。一緒に書類作成で悪戦苦闘した親父には感謝だ。

 でもまぁ、トータルで赤字なんだけどね。トホホー。

日記: 3月29日 (2007年)」への2件のフィードバック

  1. Inakamon

    事故の賠償はうまく金取れるひとと、そういうの苦手な人とでは補償額がだいぶ変わってしまいますからね・・・
    書類とかも一般人が見たら意味わからないものだらけですからね(^^;
    鞭打ちの診断とかもらいました?w
    うまくいけばもうちょーっと額を貰えたのでは?って気がしますが、まあ、8月の日記に書いてあるとおりNez3の命に別状が無かったのが最高にプライスレスです。

    返信
  2. Nez/蝿

    鞭打ちなってないよ!

    とりあえずプライスレスのものは失わなくてよかった。うむうむ。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。