日記: 5月23日 (2007年)

 LotROのオープンβが終わったようだ。

 このあとのスケジュールは、パッケージ購入者向けの先行正式サービスが25日から始まり、ダウンロード購入者も追ってプレイ可能になる(6/1からだったかな?)ということらしい。この辺の流れは、DDOのときと同じだ。

 さて、私は都合5日間で10時間くらいLotROをプレイしたわけだけども、正式サービスに参加するかは・・・うーん、悩むところだ。

 10時間の乏しい経験から感じたことは、LotROは正直言って何の変哲もないゲームで、凡庸なグラフィックと凡庸なシステムと凡庸なサービスからなる、実に凡庸なMMORPGだ、ということだ。ファミコン時代でいうところの、「ヘラクレスの栄光」とか「貝獣物語」のような、そんなイメージ。決して悪くはないけどありふれている部類。既存のモノの衣替え品。そういう点では、同社のDDOのほうがはるかに評価すべき点は多い。

 また私はいわゆる「指輪信者」でもない。原作(訳本)を読んだことはなく、指輪物語については映画三部作と、「指輪物語について書かれた文章」からの孫引きした知識しかない。孫引きした知識を読み漁るだけでも、綿密に織り上げられた指輪物語の世界観は十分に面白く、大いに魅力を感じているけど、その傾倒度合いは「本物の指輪信者」には比べるべくもない。

 だから正式サービス後もLotROを続ける積極的理由がないのだ。

 だったら悩むなよ、と思うかもしれないけど、消極的理由はあるんだよなぁ。(1)ちょうどVGが煮詰まっていて、これといった主力ゲームがないこと、(2)信者ではないとはいえ指輪の世界はそれなりに楽しいこと(サムの爺さんとかいい感じだ)、(3)凡庸ではあるが、駄作ということもないということ、(4)すでにDDOのときに作ったさくらアカウントがあって、導入が容易なこと、(5)オープンβのキャラがいること、(6)VGよりもソロ性が高く、かつグルーピングもしやすいのが、VGでのカタルシスを満たしてくれること、等々。

 ま、いずれにしても次にプレイできるのは週末だから、それまでのんびり考えるかなぁ。

日記: 5月23日 (2007年)」への3件のフィードバック

  1. ヘラクレスの栄光をバカにしちゃいかん。Ⅱも出てるんだぞ(確か

    内容はまぁ、ドラクエ二番煎じですがこそばゆい楽しさが(´・ω・`)

    返信
  2. Nez/蝿

    ヘラクレスの栄光IIはクリアしたよ! カセット持ってた。
    同シリーズは、IIどころか、IIIとかIVとかでてたような。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。