日記: 7月7日 (2007年)

 ついに、FZ6 Fazer S2が納車された!

 4年間の付き合いだった愛車ゼルビス君を引き渡し、バイク屋でFZ6S2を受け取ってきた。記念すべき納車日は2007年7月7日のスリーセブンだ。幸運を呼んでくれるといいな。

 さて、この段になって始めて、実物を見て触れることになったんだけど、見てみてがっかり・・・なんてことは全くない、精悍な顔つきの中にもどこか愛嬌のあるルックスに大満足。懸念の足つきも、以前またがってみたFZ1と比べると、大幅にマシな部類で、それどころか教習車のCB750よりも若干良いとまで感じた。これならほとんどのシチュエーションで、安心して足をつけそうだ。よかったよかった。

 で、バイク屋で扱い方を一通り聞き、書類をいくつか書いた後、早速新車に乗って家まで帰ってみた。

 うん。思ったよりマイルドというか、大排気量の迫力!というようなものはあまりない、平凡な乗り味だ。ぬるっと走り出し、ぬるっと走り続ける。もちろんまだ慣らし中で、回転数をそんなに上げることができないというのもあるし、そもそも普通の街中の国道で、そんな迫力を感じるような走りをするのは、馬鹿野郎だけだというのもあるけどね。でも、ゼルビスとは比べ物にならない安定感というか、余力をたっぷり残した走りは十分に感じられ、より頼りがいのある機械に乗っている、という気分になれた。

 まだ任意保険の登録車両の変更をしていないから、あんまり遠くへは行けない(行きたくない)んだけど、軽く相模湖まで行って帰ってきたので、そのときのファーストインプレッションを、思いつくままに箇条書きにして終わろう。

 ○カッコいい。
 ○車体が軽い。ゼルビスほどではないけど、取り回しが楽。
 ○足つきが思った以上によかった。教習車のCB750より良かったと思う。
 ×デジタル速度計は見にくい。慣れてないからかな?
 ○時計付き!
 ○燃料計付き!
 ○ハザード付き!
 ○イモビライザー付き!
 ×シートが滑らない素材で、とっさに腿が引っかかる。
 ×熱い。冬はいいけど夏は死ねそう。
 ○やはり速い。というか、ゼルビスとは同速度でも余裕が違う。
 ○えらく曲がる。というか、ゼルビスの曲がらなさを痛感。
 ×積載性がないに等しい。ネットを常備できるかどうか微妙、というレベル。
 ×当たり前だけど高い。ガス(ハイオク)代・維持費も含め。
 ×結構微振動がある。そのせいでカウルマウントのミラーの視認性が低い。
 ×今まで心配してもいなかった盗難を、少し心配せねばならなくなった。

 という感じ。相変わらず素人丸出しの感想だ。うへうへ。

 さーて、今週末までには保険の手続きをして、天気がよければもう少し遠くまでいってみたいなー。ただ、慣らしで4000回転までだと、6速でも高速に乗れないかな。慣らしの距離は高速で稼ぎたいんだけど、うーん。

 ま、とりあえずよろしくな、相棒。

日記: 7月7日 (2007年)」への4件のフィードバック

  1. Nez/蝿

    孫さん:
    いつでも街中で見かけたときに手を上げてくれれば
    止まって乗せてあげますよ。初乗り700円くらいでよかろう。
    ヘルメットは持参のこと。

    ていうか、孫さんも買っちゃえ!ZZR400!

    Wな人:
    うへうへうへうへうへうへうへうへ。

    ところでオンラインゲームは卒業なの?
    MHF気楽にできるよ!?
    あとmixiやってたらマイミク登録させれ!

    teltelさん:
    いいとおもってないくせに!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。