日記: 12月28日(2007年)

 ここ三日ほど流行性感冒というヤツでダウンしていました。年末休みにギリギリかぶらないタイミングで私に特別前倒し休暇を与えてくれるとは、噂ほど悪いやつではないかもしれません。でも苦しかったのでやはり許さん。

 さて、そんなわけで三日ほどゲームをする気にもならず、部屋の中で寝たり、座ってTVの音だけ聞いていたり、PCを試みに立ち上げては画面を見ているだけで疲労して床についたりという、非常に外的刺激に乏しい生活を送っていた。しかしそんなことをしていると、普段はなかなかしづらい「落ち着いた熟考」なんてことができる・・・なんてわけもなく、実際のところなにかを考えるということが一番の困難作業だったため、日記のネタは特に考え付きませんでした。おわり。

 ・・・で終わってしまってはお話にならないので、とりあえずこれが今年最後のエントリーになるかもしれないし、近況とか、雑感とかを述べて体裁を取り繕おうかと思う。

 ・入院

 一週間ほど前、親父がモウマクハクリというやつで入院した。この病気、無知な私は、ボクサーとかが殴られてなる、外傷性の疾患だとばかり思っていたんだけど、ほとんどは眼球の経年劣化によって起きる病気なんだそうな。そしてイコール盲目のようなイメージだったけど、今は外科手術で9割方直るんだそうな。幸い親父も手術により順調に回復中。入院手続きとかでいろいろ奔走したけど、なにかと勉強になった次第。

 ・流行性感冒

 ・・・にかかったと冒頭では言ったけど、本当にそうだったのかは実は不明。私、風邪ごときでは病院にはいくべからず、という教えの元に育ちまして、たとえインフルさんといえども、「異常行動」「40度を超える高熱が数日」というような重篤な事態以外では、病院の必要性を全く感じないわけでして、医療従事者たる肉親も「アンタはそれで別にいい」とめんどくさそうに言っているわけでして、そのため今回の病についてもインフルエンザだったという診断結果を得ているわけではないのでありまして、すなわち、ひょっとしたらただの重い風邪だったのかもしれない。症状は、半日間で急に39度の高熱。二日間持続。半日間で解熱。それに伴う、筋肉痛、頭痛、鼻水鼻づまり。消化器系の疾患なし。うーん、インフルさんだったのかなぁ?

 ・パンドラサーガ

 ゲームに傾ける情熱の3%くらいを費やして応援している、和製(?)PvP志向MMORPGパンドラサーガの大規模テストが知らん間に行われていたらしい。結局面白そうなのかどうかは良くわからず、テストサーバーは脆弱そうだ、くらいの情報しか私は得ていないんだけど、思いのほかグラフィックはがんばっていて傾ける情熱が5%くらいになった。でも、面白さそのものの情報こそが重要だよなぁ。私の持論では、ある程度面白さと開発期間は比例するんだよなぁ。ふむ。

 ・Hellgate:London

 次世代Diabloとでも言うべきHellgate。これまた知らん間に発売されてやがりよった。結構期待していたんだけど、1)EQ2JE復帰ブームとかぶった、2)宣伝活動が地味、3)ゲーム世界そのものが地味、という3重苦のため、完全に私の脳内からは存在が消えていた。まぁ、すごい面白ければ無視していても評判が耳に届くんだろうから、そこまでじゃなかったってことかなぁ。「ストイックに自キャラ育成」か「友達とワイワイ」なゲームは、前者目的の人はいいとして、後者目的の人は相当に「面白くなるためのハードル」が高いんだよなぁ。

 ・WHO

 いつまで延期なのやら不明。EQ2JE飽きるのはまだ少しかかりそうなので、来春くらいでいいかな、とは思っている。

日記: 12月28日(2007年)」への2件のフィードバック

  1. swth

    Hellgate:London
    味方が見えなくなるバグが気にならない。メモリリークでゲームが落ちても気にしない。
    変化の乏しいフィールドが延々続いて進んでる気にならないのも気にしない。
    実はパブリックベータテストだったんだと気づいても気にしない。
    って人なら楽しめるみたいよ。

    あとね。グラフィックが重いらしく、3800+クラスではALL LOWが良いそうです。
    MEDIUMとLOWは大差なく、HIGHのみ綺麗らしい。ってことでLOW推奨。

    半年後やれば面白くなる と聞いてます。

    返信
  2. Nez/蝿

    なるほど。要するに「普通楽しめない」と。

    うーん、HellgateもVGのような見切り発車ゲームだったのかな。
    あの複雑なマップタイルを自動生成っつーのが難しくて、
    どうしてもワンパターンな情景になってしまうのかも。

    Diablo系というジャンル自体がやや死にジャンルではあるし、
    ある程度予想の範囲内ではあるのが悲しいところ。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。