EQ2JE: 焚書

 相変わらず継続中の週例WoEレイド。もうかれこれ5、6週連続なので、いい加減新鮮味もなく、集まりも悪くなってはいるんだけど、野良な人々を混ぜたりしてなんとか実施中だ。

 基本的には、週1~2日の、それぞれ2時間ずつというペースなので、1週間でリセットされるWoEの進行は、どうしても前半部分が中心となり、後半部分に挑む前に時間切れというケースも多い。WoEにいるネームドは、攻略順に、「雑魚」「風」「水」「土」「火」「本」「禿」「竜」となっているんだけど、毎週せいぜい「火」までが時間内では関の山で、「本」は挑戦したこともなく、「本」を飛ばして挑んだ「禿」にやっと1度勝ったことがあるという状況だった。

 後半のネームドは戦うに至りもしないことが多いし、なんとか戦う機会を得ても、練習量が少なすぎて、記念バトルにしかならないのが今までだったのだ。

 でも、徐々に戦力も増し、今回はついに、初挑戦の「本」に挑むに至り、かつこれを撃破することができたよ。

 初挑戦の「本」だったけど、前評判では「物量がどうにもならず、つらい」とのことだった。実際に戦ってみても、評判どおりにすさまじい物量で本型のモンスターが襲い掛かってきた。…のだけど、がんばってキープして、がんばって殴ったら、結構普通に勝てた。ポイントは、大量の本の中にいる、エピック級の3冊を跳ねないように殴り続けるということだね。私はMTだったんだけど、3冊中1冊はSTキープで、残り2冊を交互に殴ったらかなり安定したよ。もうコツはつかんだので、今後はミスりさえしなければ勝てる、というような手ごたえは得られた。

 ってことで、WoEはラスボスの「竜」以外の全てのネームドの討伐経験を得た私。うーん、あとはラスボスかー。強さもそうだけど、メンツと時間が最大の障害だな!

EQ2JE: 焚書」への2件のフィードバック

  1. Nez/蝿

    む、そうか。2もれたら滅んでたような気がするけど、
    3つも殴りまわした覚えがない。無意識の技か!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。