MH3: ボウガンの日々

 ボウガンを使う日々が続く。

 今作のボウガンは、組み合わせの楽しみ、強化の楽しみ、両方が旧作に比べて強化されていて、奥が深い。奥が深いということは、納得がいくまでに時間が掛かってしまうので、負担という面では大きいかもしれないけど、ゲーム寿命は延びていると思われる。

 ってことで、色々と付け替えては遊ぶ日々だ。ちょうど先日は、ログインした時点で身内が4人揃ってしまっていたので、久々のシングルプレイで素材を集め、新しい組み合わせをもてあそんでみた。

 結果、通常&貫通&シールドで威力重視の基本安定形に、バレル交換による雷撃速射、水冷速射とバリエーションを増やすことに成功。相手によって使い分けていく所存だ。属性的には、あとは火と竜が欲しいところだけど、この辺はまだ素材がそろってないので、しばらくは基本形で対応かな。

 バレルはシールドによる安定か、属性速射(あるいは速射なし)によるDPSかという2択になる。今作は属性攻撃が強いらしいし、本来かっちょいいボウガン使いたるには、シールドなどには頼らないほうがいいのかもしれない。だけど今作はシールドが便利すぎる上に、ガンナーの打たれ弱さが顕著、そして私の腕前はいつまでも青いので、死なない程度で属性速射は対応していきたいところだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。