蘇英09: スターリング

 スターリング(Stirling)は、エジンバラから電車で1時間ほどの距離にある小さな街だ。

 映画「ブレイブ・ハート」の舞台となった場所でもあり、同映画の主要人物であるウィリアム・ウォレスやロバート・ザ・ブルースゆかりの地として、その街の規模の割には、日本でも知名度が比較的高い街だと思われる。このサイトをご覧の皆様の何割かにとっては、AoKのチュートリアルミッションで、ウィリアム・ウォレスはおなじみかもしれない。

 スターリングの街の構造は、ほぼ円錐を想像すればよいかと思う。スターリング城が、円錐の頂点にあり、そのスターリング城の周りには、歴史を感じさせる旧市街が取り巻いている。さらに底面に向かって下っていくと、近代的な街区が広がっていて、ほぼ平野のレベルにスターリングの駅がある、という配置だ。

 そういう配置なので、電車でスターリングに行くと、そこから観光の目玉であるスターリング城までは、ただひたすら登り坂を行くことになる。小雨が降ったりやんだりするあいにくのお天気のなか、スターリング城まで10~20分の行程は、想像していた以上の肉体的試練となってしまった。

 なので、スターリングの第一印象は「登山たいへん」だった。今にして思えば、こじんまりとした中に、中世スコットランドの風情と、やや鄙びた現代スコットランドの田舎町の風情を併せ持っていて、味わい深い街だったようにも思うんだけどね。

 でも、疲労はそういった思考をすべて吹き飛ばしてしまうのだった。

 写真は↓


   

スターリング駅舎

駅構内
   

新市街から旧市街を仰ぎ見る

旧市街から新市街を見下ろす
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。