日記: 11月22日(2009年)

 道が混みすぎだ。

 この週末。天気予報が今ひとつだったので遠出をすることは避けて、ゴルフ練習場に立ち寄ったり、遠めのラーメン屋を訪ねたりと、バイクでぶらぶらと都内を走った。しかし、道路の電光掲示板に表示された高速道路の渋滞情報を見ると、つくづく連休を活かしにくくなったな、と思わざるを得ない。冒頭で叫んだとおり、道が大変に混んでいるのだ。

 そりゃあ例年とて、3連休の初日と言えば渋滞が付きものだったけど、それがどうもETC割引制度導入以降というもの、激しさを増しているように思えてならないのだ。ETC割引の恩恵を受けていない私が、被害妄想というか、僻み根性を持っているから、余計にそう感じられるだけかもしれない。でもたかだか単なる3連休ごときで、毎度毎度「八王子~上野原渋滞20km」とかいう表示を今まで見た記憶がないんだよなぁ。やっぱり混んでると思うよ。

 佐久キャンプツーリングのときに、パーキングエリアで話しかけたレーサー乗りのオッサンは、「ETC割引なんて迷惑だよなぁ。邪魔なサンドラがこないように、どっちかっていうと倍額にして欲しいくらいだ」とかなんとか、高速道路を自分の遊び場だと思い込んでる発言をしていた。それを当時の私は、「なにを自分勝手なこと言ってんだこの人は、ははは」とか思っていたんだけども、今ではすこーし気持ちがわかるよ。少なくとも、ETCを付けていない層にとっては、ETC割引制度というのは、「ETC割引のおかげで高速道路の利便性が下がる」制度に等しいものな。利便性対価格比で言えば、要するに値上げされたようなもので、だったらいっそ全員の値上げをしてくれたほうがどれほどよいか。

 って・・・ああ、これでは私が自分勝手なオッサンと同じだな。うへうへ。

日記: 11月22日(2009年)」への3件のフィードバック

  1. Nez/蝿

    すりぬけ中は常に命の危険を感じるので、
    できればしたくないんだよね。

    渋滞中の車って、結構ウィンカーも出さずに、
    あるいは「出しながら」とかいう手遅れなタイミングで出して
    車線変更をしやがることが多いんだけど、
    そのときにすり抜けていると、
     ・クラッシュ→後続に踏み潰される
    の即死コンボが限りなく確定する。

    これを食らったことはないけど、食らいかけたことは
    すでに何回もあって、そんなリスクはできるだけ
    侵したくないのだ。もちろん、びゅんびゅん飛ばせば
    それだけリスクも増大する。

    そして、すりぬけは遅い。ゆえに問題であるところの、
    高速道路に支払う金銭の代価を享受できない、という点は
    すりぬけてもなお、依然として存在するのだ。

    返信
  2. Chef

    なるほどー
    言われてみれば
    「普通に右折したけどもしバイクがすり抜けてたらはねてたかもしれない」ってシチュエーションあるかも

    返信

Nez/蝿 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。