蘇英09: 大英博物館

 大英博物館。入場無料。

 ご存知、ロンドンが誇る世界最大級の盗賊ギルド本部。おかげで世界中のものを、無料で1箇所で見ることができるので、盗賊ギルドも捨てたものではない。しかも無料。盗られたほうはたまったもんじゃないだろうけど。でも無料。イエア。

 広くて1日では見きれないとか、いつまででもいられるとか、色々とその豊富な収蔵品について言われる大英博物館なんだけど、残念ながら弾丸日程の今回は滞在3時間ほどの、短い見学となった。

 とはいえ、正直なところいくら広くて色々とあっても、自分の興味がそのバリエーションの広さに対応しきれるかというとそうでもないんだよね。1度目ならまだしも、2度目でもなお見たいものとなると、やはり自分の興味が深い分野に限られるので、そういう見方をすれば3時間でもまぁまぁ大丈夫だったように思う。

 私にとっての大英博物館は、エジプト、メソポタミア関連が最も興味深く、次いでケルト関連が面白い。お馴染みのロゼッタストーンのお出迎えを経て、エジプトの石像、アッシリアのレリーフ群などは、往時に思いを馳せているだけで胸が踊る。ロゼッタストーンは残念ながらガラスケースに入ってしまったけど、その他の多くのエジプト、メソポタミアの収蔵品は、その展示の仕方が「その場においてある」というありがたみのない方式。なので、収蔵品との距離が近く、当時の空気をも感じられるのではないかと思えるのが、とてもいい。

 ひとしきり収蔵物を楽しみ、ギャラリーカフェで昼食を取って、大英博物館をあとにした。

 写真は↓


   

大英博物館入口

入ってすぐのホール
   

ロゼッタストーンに群がる人々

アッシリアのレリーフ
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。